ガン・ホーク
ホーム > 作品情報 > 映画「ガン・ホーク」
メニュー

ガン・ホーク

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

リチャード・バーンステインとマックス・スティーバーの西部小説をジョー・ヘイムズが脚色、「大車輪」のエドワード・ルドウィグが演出した西部アクションドラマ。撮影は「上流社会」のポール・C・ヴォーゲル、音楽はジミー・ハスケルが担当した。出演者はTV「テキサン」のロリー・カルホーン、「赤い野獣」のロッド・ロウレン、「荒野の3軍曹」のルタ・リー、ロッド・キャメロンなど。

ストーリー

早射ちの名手、マッデン(ロリー・カルホーン)は、西部に悪名高い無法者。また、保安官コーレイ(ロッド・キャメロン)は正義漢でマッデンの幼なじみ。マッデンは、ローン(ロッド・ロウレン)というちんぴらに出会い、無頼漢サリーを殴りたおし助けてやる。その酒場の中で、酔っ払いのマッデンの父が、サリー兄弟に酒をねだり、突き飛ばされたが、その老人が、マッデンの父だと知ると、マッデンの父をおとりとしてマッデンを殺すことを考えた。しかし、サリー兄弟の凶弾にたおれたのは、マッデンの父だった。2人はマッデンの復讐を恐れて逃亡した。コーレイはマッデンに個人的な復讐を禁じたが、マッデンは聞き入れず、サリー兄弟の後を追った。2人はある静かな町へ逃げこんだ。その町には、マッデンの帰りを一日千秋の思いで待つ美しい娘マーリーン(ルタ・リー)がいた。そして、相棒を殺した、悪名高い無頼漢フランダースが暴力で町を支配していた。宿の主人から、それを聞いたマッデンは、フランダースに挑戦し、これを叩きのめして町から追い出した。保安官コーレイは、助手とともにマッデンを追い、夜の町で2人は対決した。2発の銃声とともに決闘は終わった。ローンの足下にマッデンが冷たく横たわっていた。...

作品データ

原題 The Gun Hawk
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi