家庭の罪
ホーム > 作品情報 > 映画「家庭の罪」
メニュー

家庭の罪

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「結婚の指環」が最近紹介されたエニッド・ベネット嬢主演の人情喜劇で、嬢の対手は「結婚の指環」「救命索」「情熱の国」其他多くのパラマウント映画に出演したジャック・ホルト氏である。監督は「最後の本塁打」や近く紹介されるベネット嬢の「女の魅力」と同じくジェローム・ストーム氏である。原作者J・G・ホークス氏は「鉄路の狼」「影と光」「第二の父」等の原作を書いた人である。

ストーリー

数代続いて金持であったベリトン家に娘と生れたアヴァイス嬢は、アリゾナ州ビスビーの富豪バートン・マスターズの妻と成ったが、根が高等遊民の部類に属する家庭の中に可愛がられて育って居たものだけに、剛腹率直なバートンとは折合わぬ事が多かった。然し理智忍耐に富むバートンは、亳も彼女を嫌わずして、徐々に彼女が自覚し来るのを待った居たのであるが、薄志弱行の無自覚な彼女も終にバートンの広大な愛に抱擁せられ、始めて堅実な妻と成ったのである。...

キャスト

作品データ

原題 A Desert Wooing
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi