カサグランデのガンファイター
ホーム > 作品情報 > 映画「カサグランデのガンファイター」
メニュー

カサグランデのガンファイター

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ベラクルス」のボーデン、パトリシア・チェイス夫妻のストーリーをクラーク・レイノルズの協力で夫妻自らが脚色、「悪徳警官」のロイ・ローランドが演出した西部劇。撮影は「ベロと8人の子供たち」のホセ・F・アガヨとマヌエル・メリノ、音楽をジョニー・ダグラスが担当した。レスター・ウェルチの製作。出演は「肉弾潜行隊」のアレックス・ニコル、ホルヘ・ミストラルのほか、ディック・ベントレイ、スティーヴ・ローランド、フィル・ポスナー、メルセデス・アロンソなど。

ストーリー

19世紀後半、アメリカは食肉不足に悩まされ、西部の町では牛が非常な高値をよんでいた。その頃メキシコでは首領ロホ(アルド・サンベル)の率いる暴力団が、掠奪を欲しいままにしていた。そんな時、無法者デイライト(アレックス・ニコル)は一攫千金の野望に燃え賭金を元にカサ・グランデの牧場を買い、サンタ・フェで荒稼ぎをした金は、そっくり隠し、仲間には牧場を買ったといってだまし、案内役を買って出た「旅がらす」(ホルヘ・ミストラル)を加えてカサグランデに向かった。牧場に着いたデイライトは、牛を1ヵ所に集結し大群をカンサスに送りこみ、巨利を1人占めしようともくろみ、ロホに対する防禦策を理由に、牧場を次々と説いてまわった。しかしよそものに対する風当りは以外に冷く、計画ははかどらなかった。しかしそんなとき、大牧場主がロホの一団に襲われ、計画は急に進み、1万5000頭の牛を、ロホの襲撃に備えて、よう撃に適した谷間に追いこんだ。果してロホの一団は総力をあげて殺到してきた。デイライトらはこれをよう撃し、ロホをはじめとして一団を潰滅した。デイライトは自らの計画のために牛群の北上を命じた。しかしデイライトの計画を知る「旅がらす」は1人、丘の上でデイライトに対決した。一瞬、2人の拳銃がひらめき、野望達成を目前にしてデイライトは「旅がらす」の前にくずれ落ちた。...

作品データ

原題 Gunfighters of Casa Grande
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi