俺は探偵
ホーム > 作品情報 > 映画「俺は探偵」
メニュー

俺は探偵

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「俺は探偵」「俺は新兵」と同じくカール・デーン氏ジョージ・ケイ・アーサー氏の共演喜劇でロバート・ロード氏がストーリーを合作し併せて撮影台本を作りチェスター・エム・フランクリン氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「俺は新兵」「キートンのカメラマン」のマーセリン・デイ嬢、「活動役者」「黄金の世界へ」のテネン・ホルツ氏、駒井哲氏、クラレンス・リール氏等が出演している。キャメラは「ブロードウェイ・メロディー」「風」のジョアン・アーノルド氏が担任。

ストーリー

あるホテルの請願巡査デーンは体は大きくて手腕がないくせに大ぼらふき。暇さえあれば女速記者ロイスに惚れていて二人の間に猛烈な恋の競争がはじまる。ある日デーンが相変わらずこの彼女の側で悦に入っているのでいまいましくなったアーサーが二階から救いをもとむる声が聞こえると欺いた。武者振いしてデーンがそれと思しき部屋に飛び込んだのがオーロフ教授の講義室である。部屋は何事もなく彼はそこそこに引きさがる。だがオーロクはその実、まれの悪漢で表面教授に装い金をねらっていたのであった。やがてデーンは投宿した富豪のウィンタース夫人を護衛することになったが彼女が沢山の宝石を所有している事を知ったオーロフはその夜ウィンタースフジンの部屋に忍込み仕事をして帰るところをアーサーに出会った。だがオーロクは彼を気絶せしめ自分の黒マントを彼にかぶせて逃げた。ウィンタース夫人の叫び声を聞きつけたデーンと客が彼女のところへ駆けつけると犯人はマントを着た男だという。デーンが犯人を捜索してみれば黒マントの男はアーサーである。しかも宝石の行方は依然として判らない。ウィンタース夫人から一万ドルの賞金が懸けられる。ロイスから賞金を得たらば結婚すると言われアーサーは巧みに給仕女に変装してオーロフを怪しいとにらみ彼の挙動に目をつける。それからデーンとアーサーの腕くらべが始まる。あまり上手に変装したためデーンがアーサーに求愛したり、デーンがミイラに化けたり奇行、珍談、苦心の限りをつくしたが結局、敏腕なアーサーが宝石を取戻してロイスと結婚することとなり、デーンは散々の失敗で探偵の職までフイとなってしまう。...

作品データ

原題 Detectives
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi