武侠少年
ホーム > 作品情報 > 映画「武侠少年」
メニュー

武侠少年

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「風雲児アドヴァース」「白衣の天使」のビリー・モーチが主役を勤めるブース・ターキントンの名作物語の映画化である。脚色にはリリー・ヘイワードとヒュー・カミングスが協力し、ウィリアム・マクガンが監督に当たり、「お馬に乗って」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。助演者は「バーバリー・コースト」のフランク・クレイヴン、「噫初恋」のスプリング・バイントン、「無限の青空」クレイグ・レイノルズ、子役のハリー・ワトソン、ジャッキー・モロウ、フィリップ・ハーリック、「歩く死骸」のケネス・ハーラン、チャールズ・ハルトン等である。

ストーリー

ペンロッドは「少年Gメン」団の団長だった。彼は気さくな、人好きのする少年で正義のためにはすべてを睹して働く気概を持っている。「少年Gメン」団は悪漢や犯罪者を町から排除する目的を持っていることはもちろんである。町の銀行の頭取ビッツ氏の息子ロドニーは、町一番の意地悪な、性悪少年なので「少年Gメン」に入団することをゆるされなかった。ところでペンロッドの父親スコーフィールドさんはビッツ氏の銀行に働いている。ある日、ビッツ氏とスコーフィールドさんが銀行の窓から眺めると、ペンロッドとロドニーが喧嘩をしていた。そして敗北したのはロドニーだった。ロドニーはペンロッドの仲間が自分をいじめたのだ、と父親に訴えた。実際はロドニーが小さい黒人少年ヴァマンをいじめたので、憤慨したペンロッドが敵討したのだ。ビッツ氏は伜の肩を持ったのでスコーフィールドさんも黙っていず、子供の喧嘩が大人の喧嘩となった。そして大人の喧嘩もスコーフィールド家の勝利となった。その結果ビッツ頭取はスコーフィールドさんをクビにした。ところが、デュード・ハンソンを頭目とするギャングが銀行に押入り、多額の行金を奪って逃走した。そしてギャングは「少年Gメン」団の秘密会合所の小屋に隠れた。そしてペンロッドやサムや非常時特別加入のロドニー等はギャングの虜となった。しかし少年等は巧みに逃走し本物のGメンに急報したのでギャングは一網打尽された。そしてGメンはギャングを捕らえ得たのはペンロッド等の勇敢さによると賞賛した。ビッツ氏はロドニーも少年Gメン団に入れて貰ったと聞くと、スコーフィールドさんを再び銀行に迎えた。...

作品データ

原題 Penrod and Sam
製作年 1937年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi