鬼火ロウドン
ホーム > 作品情報 > 映画「鬼火ロウドン」
メニュー

鬼火ロウドン

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ストーリー

永い樵夫生活を終えて「レィディー・フィンガース」のヒルガードの酒場へ帰ってきた「鬼火」ロウドンはジョーという無頼漢に喧嘩を売られ、彼を殴り倒して踊女バベットに恋される。ヒルガードはロウドンに骨牌の勝負を挑んだが勝負に敗け、今度は暗室で拳銃で決闘し勝った者は酒場とバベットを手に入れようと申し出た。彼は卑怯にもまずロウドンの拳銃から銃丸を抜いて置いたが、いざ決闘となると臆病な彼の銃丸はロウドンに命中しない。ついにロウドンはヒルガードを殺したが、死ぬに際し彼は母が近く訪ねてくるからよろしく頼むと遺した。ヒルガードの母と弟のエリックが到着した時、母の心に動かされたロウドンは、ヒルガードは立派な男であったと物語り、できるだけの世話をするのであった。しかしロウドンはついに心苦しくなって町を去ろうとした。バベットはロウドンが愛してくれぬと怒り、エリックはロウドンを射撃したが、傷を受けながらロウドンは黙って雪中に姿を消す。兄の卑怯な行をやがて聞き知ったエリックは、母には何事も打ち明けなかった。...

作品データ

原題 Blue Blazes Rawden
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi