嵐を呼ぶ銃弾
ホーム > 作品情報 > 映画「嵐を呼ぶ銃弾」
メニュー

嵐を呼ぶ銃弾

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「殺し屋ネルソン」のダニエル・メインウォーリングの脚本を「春来りなば(1956)」のR・G・スプリングスティーンが監督した西部劇。撮影監督は「肉弾鬼中隊(1957)」のハリー・ニューマン、音楽はマーリン・スカイルズ。主演は「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、「哀愁物語」のジェームズ・ベスト、それに新星アビー・ダルトン。助演はジャン・マーリン、ジョージ・キーマス等。製作はベン・シュオルブ。

ストーリー

1873年のテキサスのある開拓者集落。当時この地方一帯は悪名高いE・J・デイヴスの私設警察力によって支配されていた。彼の打倒運動を起していた町の青年キット・カズウェル(ジェームズ・ベスト)には、ルーシー・アントリム(アビー・ダルトン)という恋人がいたが、同志にやはり彼女を恋しているフランク・ウィットロック(ジャン・マーリン)がいた。知事一味の拷問にあった青年2人は、荒野に逃れて、そこで西部に名高い拳銃手コール・ヤンガー(フランク・ラヴジョイ)に出会った。彼は各地の懸賞金つきお尋ね者だった。彼を訴えて賞金をもらい、ルーシーの関心を得ようとしたフランクは、ひとり町に帰ったが、彼女はこれを拒んだ。ルーシーや両親を心配したキットは、ヤンガーの忠告を振り切って町に帰るが、父がフォリヤード一味に殺されたのを知り、彼の経営する酒場に乗り込んだ。しかし一味に包囲され、危機一髪の時、ヤンガーが出現してすんでのところを救ってくれた。これを見ていたフランクは、キットたちが立ち去ったあと、フォリヤード一味2人を殺し、その罪をキットになすりつけた。お尋ね者になったキットは、ヤンガーと牛追いの仕事をした後、ルーシーに会うためアビリーンにやってきたが、そこで捕えられ、裁判にかけられた。知事が勢力を失った町ではフランクの父親が保安官になっており、法廷はフランクに有利に進んだ。その時、両手に拳銃をもったヤンガーが乗り込んできて、キットの無罪を証明し、フランクの悪事をあばいた。キットへの判決は無罪になり、彼とルーシーは証人として逮捕を免ぜられたヤンガーを見送るのだった...

作品データ

原題 Cole Younger, Gunfighter
製作年 1958年
製作国 アメリカ
配給 アライド・アーチスツ=映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi