悪魔の踊子
ホーム > 作品情報 > 映画「悪魔の踊子」
メニュー

悪魔の踊子

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ジャズの酒場」と同じく有名な踊子ギルダ・グレイ嬢の主演する映画で、ハリー・ハーヴェイ氏の書卸したストーリーを、アリス・D・G・ミラー女史が脚色し「椿姫(1927)」「明眸罪あり」と同じくフレッド・ニプロ氏が監督したギルダ・グレイ嬢ユナイト入社第1回作品である。相手役は「鉄條綱」「暗黒街」等出演のクライヴ・ブルック氏で、その他に「支那の鸚鵡」主演の上山草人氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、ミカエル・ヴァヴィッチ氏、バーバラ・テナント嬢、上山浦路夫人等が助演している。

ストーリー

チベットの山奥深くに黒人のラマ僧による不思議な僧院がある。そこでは奪い来った女子を育てその女子が長じた時、巫女として悪魔崇拝の儀式に舞を舞はさせる慣はしがあった。タクラは、白人の宣教師の娘として生れ来た身ではあったが、今はこの地へ掠はれて来て悪魔の踊子を務める身となっていた。が、ある時英国の探険家スティヴンはこの僧院に密かに忍び入って、彼はタクラが白人であり、この僧院に囚はれ人となっているのを知り、彼女をこのところから救い出そうとする。秘密の忍び合いに2人の間に恋は芽生えた。斯くてこの恋人2人はある夜僧院を首尾よく逃れ出て、隊商の一隊と共に白人の住む国境の村落へと辿り着いた。ところが、同じくこの村へデルフィからのノーチの踊子の一団が来た。それを率いているハッシムはタクラの美しいのを見て、己れの一団に加えんとした。スティヴンの姉イサベルはかねてタクラに心よからざりし折とて、ハッシムの謀みに力を籍し、タクラを誘拐せしめた。スティヴンは斯くとも知らずタクラの跡を尋ね廻ったが、見出す術とてはなかった。やがてノーチの一団はデルフィに帰って行った。その間、ハッシムの毒牙からよくタクラを護り、タクラを慰めていたのはこの一団にいる孤児のキム1人であった。が、タクラはその苦しさに堪えかねてキムと共にそこから逃げようとする。そうした時に、スディヴンはタクラありとも知らずにその友たちと共にこのノーチの祠を訪れた。同時に長々とタクラの跡を訪ね廻っていたサディク・ラマがようやく彼女の居所を知って連れ帰りに来た。そうしたことの粉糾から騷動が起り、その際、キムはサディク・ラマのために瀕死の傷を負はされた。が一方、スティヴンはハッシムとサディク・ラマとを打負して、首尾よくタクラを救い得たのであった。...

スタッフ

監督
脚本
ハリー・ハーヴェイ
脚色
アリス・D・G・ミラー
撮影
ジョージ・バーンズ
トマス・ブラニガン
編集
ビオラ・ローレンス

作品データ

原題 The Devil Dancer
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi