アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会のレビュー・感想・評価

アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会

劇場公開日 2013年11月1日
6件を表示 映画レビューを書く

アメパイシリーズの最終章。高校卒業後、バラバラとなってしまったジム...

アメパイシリーズの最終章。高校卒業後、バラバラとなってしまったジムら5人が同窓会を理由に再び集まる…。

シリーズ最高傑作です。キャラの老化は目立ちますが、過去作以上に馬鹿をやっていて、全てが綺麗にまっとまった。最高ー!!! https://t.co/0ff3gunrxi

HaDoSon
HaDoSonさん / 2017年10月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛すべきおバカたち!(とパパ)

第1作目が日本公開されたのが2000年代なのに、80年代の作品のような懐かしさを感じるこのシリーズ。
シリーズは全て見たものの、今となっちゃ「1」「2」は断片的に、「3」はほとんど覚えてないが、面白かった印象は強く残っている。
「3」の後、DVDスルーとなったスピンオフがあったらしいが(未見)、オリジナルメンバーがカムバックしての完結編。

同窓会出席の為、帰省したジム。悪友たちと再会、再びドタバタ珍騒動…!

もうすっかりいい大人なのに、やってる事、考えてる事、エロ目線など高校生レベルなのが笑える。
相変わらずのエロネタ、おバカネタ、下ネタ満載。
でも昨今の「ハングオーバー」「テッド」のようなドン引きするほどの過激下品ネタとまでは感じず、結構安心して見れる。(あくまで個人意見)

それはこのシリーズがしっかりと青春映画としての一面を描いているからだろう。
同級生と結婚したのはいいものの、子供が出来てから夜の営みはすっかりご無沙汰のジム。
大人になってから見ると、一番の問題児スティフラーに度々イラッイラッ!
その馬鹿行動には呆れるが、はっちゃけたい理由があった。
会社では役立たず…。
大人になるってこんなもん?
夢と現実はまるで違う…。
ちょっとほろ苦い青春。
それら全てを引っくるめて、最後は後味良く終えてくれる。
愛すべきおバカたち!

シリーズを語る上で外せないのが、ユージン・レヴィ演じるジムのパパ!
息子に父親らしい事を言ってあげてる筈なのに、何故か下ネタに(笑)
ダメダメ、でも憎めない愛すべきパパ!

近大
近大さん / 2016年3月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろかった

本当にこのシリーズはおもしろかった。個人的にはスティフラーが一番好きかな。シャーミネーターのシーンが一番笑った

はっしー
はっしーさん / 2015年5月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少年は青年に、青年は大人に ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

オリジナルキャスト&スタッフが再集結!

夢の童貞卒業を果たし、卒業しそれぞれの道を歩んだ彼らたちの、その後の物語。

人間いつになってもバカと恋愛はできるんだなと思いました(笑)
前作キャストがまた集まってすごく感激です…
観ている自分も「おぉ!久しぶりだ!」てなりました(笑)

前作ほどのキラキラはありません。だけどまたそこがリアルですね。さすがアメパイです。
みんな大人になるにつれて、少年の頃に持っていたキラキラを失っていく。現実をみて、妥協して、そうして大人になっていく。そんなリアルが見事に描かれていました。

だけど大人になっても、じいさんになっても、そんなキラキラを取り戻せる。
少年の頃のように、純粋で、きれいではないけれど、昔の仲間が集まって、また恋をすれば誰だってあの頃のキラキラを取り戻せる。

男なら誰でもすんなり感情移入できるしょう。

笑いあり、ちょっぴりほっこりするリアルな青春ムービーでした。

もん
もんさん / 2014年8月28日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメパイ最高です。

視聴後に気持ちの良いセンチメンタル感が残るアメパイシリーズですが今作もとても楽しめました。
ジム達が活躍するアメパイ無印〜3が好きな方なら間違いなく楽しめる作品だと感じました。
ジム達のストーリーが今作で終わってしまうのは非常に残念ですね。

NRM
NRMさん / 2014年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見たいような・見たくないような

『ハングオーバー』に出会うずーっと前に 「おバカ映画なら コレだ!」と一番のお気に入りだった『アメリカン・パイ(1999)』。 あれから 2、3、と出たけれど振るわず 皆から忘れらされる存在だった彼らが 同窓会を開いた本作品。 見たいような・見たくないような気持ちは、やっぱりそのまま作品に反映されてしまっていて 残念の一言。 13年も経てば 歳をとるのはあたりまえ。 太った人も、整形して 面影が消えつつある人も、髪が後退して 役どころが微妙な人も、主演キャストより売れて 演技力がついた分、元には戻れない人も。。 全米では そこそこウケたようですが、個人的には 期待外れでした。

主演のジムを演じた ジェイソン・ビッグス。 この人だけ、唯一変わらない存在でした。 まぁ少し体重が増えたくらいで、昔のジムのまま。 それを見たかった方も いるのかもしれませんが もう高校生ではないのでね、体当たり演技が ちょっとイタい気がしました。

ジムの相手・ミッシェルを演じた アリソン・ハニガン。 あの名台詞も 口を歪ませてしゃべるキャラも、テレビドラマで売れっ子になったアリソンに要求するのは 罰ゲーム状態。 当時の面白さも消え、本当に落ち着いちゃったアリソン、お疲れさま。

その他、頭髪後退・イケメンの位置も交代 クリス・クライン、どうして整形しちゃったの タラ・リード、太ったね~ ナターシャ・リオン&エディ・ケイ・トーマス、透明感が消えちゃった ミーナ・スバーリなど。

変わらなかった(逆に売れてきた)のは ショーン・ウィリアム・スコット(『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら(2010)』)、ジョン・チョウ(『スター・トレック(2009)』)、ユージン・レビ(『ナイトミュージアム2(2009)』など。

バーで働く女の子・セレーナを演じた ダニア・ラミレスはどこかで見たことがあるなぁと思ったら 『ヒーローズ(TV)』に出てた女優さんでした。

ティーン・コメディと アダルト・コメディの違いを知ることになった 本作品。 まぁ観ないと気になって仕方ないと思ったので、後悔はないです。

Blue
Blueさん / 2012年4月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi