流れる雲よ
ホーム > 作品情報 > 映画「流れる雲よ」
メニュー

流れる雲よ

劇場公開日

解説

脚本家の奈美木映里(ペンネーム草部文子)によるラジオドラマ「ひこうき雲」を演劇集団アトリエッジが舞台化した「流れる雲よ」を、“演劇シネマ”として映画館のスクリーンで上映。太平洋戦争下の昭和20年夏、戦況が刻々と悪化するある日、鹿児島の航空隊に所属する光太郎と正人は、ラジオから未来の放送が流れてくるのを聞く。2人は、昭和20年8月15日に日本が負けて戦争は終わるということを知るが、そんな矢先、光太郎にも特攻の命令が下り……。

スタッフ

監督
脚本
草部文子
舞台演出
伊勢直弘
振付・ステージング
三浦亨
音楽
青山知正
舞台美術
斎藤浩樹
舞台照明
田中徹
映像効果
川崎貴司
衣裳デザイン
泥棒日記
キャスティング・プロデューサー
赤尾マーサ
製作総指揮
奈美木映里

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 アトリエッジ
上映時間 115分

映画レビュー

平均評価
4.7 4.7 (全2件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「流れる雲よ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi