ファイナル・デッドブリッジのレビュー・感想・評価

ファイナル・デッドブリッジ

劇場公開日 2011年10月1日
20件を表示 映画レビューを書く

パニック!そして、死!

シリーズがたくさんあった事に驚き!

これってホラー映画だったのか⁈お化けの怖さというよりも、別の意味での怖さを感じる作品…。

橋で死ぬはずだった社員たちでしたが、主人公の正夢のおかげで命が救われます。

ですが、なぜそんな夢を見たのか謎は深まるばかり…。

偶然の事故として扱われた事件でしたが、せっかく助かった同僚たちが、次々に不運な事故で死んでしまうのがショックです。

謎を追いかけるというよりも、次は誰がどんな死に方をするかに重点が置かれています。

ミステリーではなくパニックホラーとして楽しむ映画です。

ラストの結末は「なんだよ…」と言いたくなりました。

ガーコ
ガーコさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久し振りに鑑賞☆

ファイナル・デッド シリーズ。
ファイナルに相応しい内容になってます。
シリーズ4迄は、最初の180便に絡めて話が進んでいったり、劇中で何かしらサイン(登場人物の名前や、数字)が出ていたりと、それを探したりするのも面白かったですが
この作品には、「180」の数字こそ出て来ますが(その意味は後で解る様になっている)、初めの飛行機事故のニュースに絡めた会話が一切出てきません。
死に関する、今までの話には出てこなかったルールを発見し、何かが起こる予感。
全ては、驚きのラストに向けて動いています。

最後は、うわぁ〜マジか…スゲーな〜っと頷くこと請け合いです。

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2017年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外なラスト

「来るぞ来るぞ……」というスリリングな展開は健在。しかし死に方がやや単調で意外性に欠けるかも。あまりに極端かつ過剰な描写もあり、思わず失笑してしまうシーンも。意外なラストはある意味衝撃的。

M.Kotaro
M.Kotaroさん / 2016年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストが

良かった。

前作と関連付けたのはナイス

REpower
REpowerさん / 2016年7月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オチに感動 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

毎回生き残るための手段が変わりますね。
今回は他の人を殺す事でその人の余命をもらう感じになります。

シリーズ屈指の死に方であるレーシック手術と鍼施術があるので痛い系が苦手な方は注意が必要です。

最後はシリーズ1作目の飛行機に乗るオチで終わります。

2016年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原点回帰、前日譚な構成にしても、マンネリ化は避けられず。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2011年10月下旬にシネマート新宿にて、3D版をレイトショーで鑑賞。

2001年に“死の運命に付け狙われる”という斬新な設定と先読み不可能な展開が話題となり、スマッシュヒットを記録した『ファイナル・デスティネーション』は、その後、『デッドコースター』、『ファイナル・デッドコースター』、『ファイナル・デッドサーキット』と続編が作られるほどの大ヒットしたホラー・シリーズとなりましたが、更なる続編となる本作が作られ、このシリーズの三作目までのファンとしては、「観ておかなければ」という気持ちで劇場へ足を運びました。

サム(ニコラス・ダゴスト)、モリー(エマ・ベル)、ピーター(マイルズ・フィッシャー)らは研修の為にバスに乗るが、橋を通りかかる直前にサムが橋が崩落し、モリー以外の乗客が死ぬヴィジョンを目の当たりにし、それをキッカケに彼らを含む8人がバスを降り、橋の崩落は現実のものとなるが、それは更なる悪夢のような日々の始まりに過ぎなかった(粗筋、ここまで)。

このシリーズは『ファイナル・デッドコースター』で完結し、前作『ファイナル・デッドサーキット』からは、前三作の焼き直しにしかならず、マンネリ化が著しくなり、本作も一作目のミステリー系スリラーに原点回帰して、ついでに前日譚の構成になり、橋の崩落シーンの件はシリーズ最大のスケールにはなっているのですが、マンネリからの脱却は出来ず、前作以上に先が読める展開になっているのが非常に残念で、橋の崩落シーンよりも盛り上がる所が無いので、見所も少なく、話も練れているとは言えないので、シリーズで最もつまらないと思います。

このシリーズの魅力の一つは登場人物の死に様で、ユニーク且つ強烈な最期を迎える瞬間を様々な予想をしながら、楽しめるシーンが沢山あり、個人的には一作目の“バスに轢かれる”、三作目の“日焼けサロン”が印象に残り、おまけに死に様のなかでスゴく恐ろしいと思わせるシーンですが、本作は、その死に様がどれもあっさりとし過ぎていて、印象に残らず、“マッサージ店”や“レーシック手術”の件は工夫次第で、インパクトを出せると思うのですが、そういうのは全く無く、シリーズ最高傑作の呼び声の高い『デッドコースター』のデイヴィッド・R・エリス監督が登板し、マンネリ化しながらも強引な力業と漫画チックな死に様を連発した前作の方が、印象に残るシーンは多く、話はつまらなくても、まだ楽しめましたが、本作はそれが無いので、92分と短くても、観ているのがキツかったです(ただし、エンディングの過去作の死に様ダイジェストだけは良かったと思います。しかし、見ていて“あの頃は良かったな”という思いが強くなり、本作の退屈さが際立ちました)。3Dもオープニング・クレジットを除けば、効果が薄く、映像としての良い点(R-18指定にしては、残酷描写も生温く、PG-12ぐらいでも十分なレイティングだと思えます)も見当たりません。

今までのシリーズはキャラクターも印象的でした。死の運命のヴィジョンを見たことで、謎や予期せぬ事態に翻弄され、一人でも多く助けるために必死に抗う主人公の姿は常に共感でき、「死の運命がなんだ。俺はそんなものは信じないぞ!」と事実と向き合わないキャラが居ても、それを受け入れたあとの物事の捉え方の変化や、死の運命を受け入れて、「俺が死んだら、アレは処分しといてくれ」と覚悟を決めていたり、疑心暗鬼になって、パラノイアにとり憑かれたようになっていても、それぞれが個性的で、キャラとして確立しているものがありましたが、本作のキャラクターにそういうのは無く、主人公は必死にならなければならない筈なのに、そうは見えず、本作で突然生まれた新設定により、関係ない人を犠牲にして、その人の分まで生きられるようになっても、そこに共感(もし、関係なかった人が健康体で、その分を何年も生きられるとしても、それを得た人は一時的に死の運命に抗うことに成功した人たちとは違って、彼らのような安堵は出来ないのではないでしょうか。生き延びるためとは言っても、関係ない人を犠牲にしたのですから。だから、ラストの結果は正解でしょう)はしづらく、三作目で声の出演をしたのを最後に登場しなくなったブラッドワース(トニー・トッド)が葬儀屋からFBIの検死官として登場するという疑問(これはラストを見れば理解できますが、同時にシリーズ第5弾で最も新しい話として観ていたのに、それが前日譚である事が明らかになる瞬間にもなります)が一時的に生まれても、一、二作目以上に役立つキャラとして登場せず、単に「シリーズでお馴染みの人物だから、出しときました」という感じが強く、居ても、居なくても変わらない存在で、三、四作目ではブラッドワース抜きで話を成立させていたのだから、トニー・トッドが再演しているのは嬉しくても、そこに今更感しか無かったので、意味のない登場だったと言えます。

自分は劇場でホラー映画ばかり観るようになった頃に『ファイナル・デッドコースター』を観ていて、それが劇場で観た最初の『ファイナル・デスティネーション』シリーズだったので、思い入れは強く、前二作はテレビ(あまりの面白さに作品の虜になりました)で、『ファイナル・デッドサーキット』は3Dと「誰が得をするんだ?」という疑問しか持てないタレント吹替版のみの上映だったので、DVDのレンタルで我慢し、本作は字幕の3D版が上映されたので、やっと、3Dとしてのこのシリーズを観られるというだけで感慨深いものがあったのですが、ただ、それだけで、酷い作品ではありませんが、観る価値は無い一作という印象を持ちました。全米では前作とは違い、興行的に失敗したようで、続編は作られないようですが、もうこれ以上は必要なく、もし、作るのであれば、シリーズの産みの親でありながら、『ドラゴンボール・エヴォリューション』で劇場映画から消えてしまったジェームズ・ウォン監督にチャンスを与えて、このシリーズに面白さを取り戻して、復活されることを願います。

kobayandayo
kobayandayoさん / 2016年2月15日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死に方は流石のえげつなさ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シリーズの中ではプロットが最も単純になっている。死について新たに判明する事もなければ、過去の事件を調べて解決策を探ろうという事もない。
と思っていたら、シリーズ1作目の飛行機の中に繋がる。そう、彼らは降りずに巻き込まれてしまうのだ。
なるほど、1作目より前の話だから進展が無かったという訳だ。同時にこの謎に答えは用意されていないという事実にいきつく。
最後に煙にまくにしてももう少し深掘りして欲しかった。ちょっと残念。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年11月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コワイ

死に方がとにかく痛い!
レーシックのシーンなんて。。ぎゃぁぁぁ

このシリーズは初めて見たけど、ギャーギャーいいながらも結構たのしめた。

おこげ
おこげさん / 2015年8月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念。シリーズ終了。

確かに橋が壊れるシーンだけ見れば、確かにシリーズ最高かもしれなぃ…

でも、ネタがバレきっちゃっててどうせ皆死ぬんでしょ?とか思えてくるとこが残念。
新しい法則を見つけだしたとこで残念なことに変わりはない。

しかも死ぬシーンってのがCGに頼りすぎて、まるでアニメではないか!

目ん玉ピョーンってなった時は「ォイ!きたろ〜」と言うのではないかとソワソワしたほどでした。

時代がたってリアルにしようと思うほどCGに頼り、リアルな恐怖感ってのが薄くなったように思えます。

ラストでは、シリーズの関連性を持たせたとこが面白かっただけ。

やはりシリーズ化すると映画って徐々に面白くなくなるのだろうか…

新しいファイナル〜出ても絶対見なきゃ!とかは思えなくなりました。

ざっチャン・∀<))★
ざっチャン・∀<))★さん / 2012年7月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ最高傑作!!!!!!!!!!!!

これだけは言える・・・・・・
シリーズの中で最高傑作であると!!!!!!
まさかの結末に、まさかの死に方、まさかの繋がり!!!!!!!!!!!
残念ながら、私はBDでしか見ませんでしたが、最高でした!!!!
監督に、大感謝DEATH!!!!!!!
どうかまた、続編を作ってください。
この映画をはじめに見るなら、次にファイナル・デスティネーションを見て下さい。

映画tarou
映画tarouさん / 2012年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事故の迫力はシリーズ最高

2,1に次いで面白かった!
4と違ってしっかりサスペンスしてるのがいい。
橋の崩壊シーンは何回観ても飽きない

防犯
防犯さん / 2012年2月13日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

この内容で続編を出した意味がわからない

シリーズファンなら、あ~アレがこうなって、あ~なってって感じです
よく「ピタゴラスイッチ殺人」なんて例えられてましたが
今回はそこまで工夫されてない感じが…

とりあえず新しい死に方を見たい!って感じで作られた続編ですね。
そっちが本題になりすぎて、死の法則だとか回避方法だとか
必死に生き残ろうとする様子がおざなりになりすぎてる気が…

死んでたまるか!って奮闘する中、それでも死は訪れるって姿を描いてもらいたかった。

アオン
アオンさん / 2012年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後かな?

 まあ内容は同じのデッドシリーズ、前作よりかは好きですね。ピタゴラスイッチのようなあの流れは好きです!特に最後の5分はそっちか~と思わず唸ってしまいました。けっこう期待薄でしたがまあまあの映画です。自分的に5作の内、結局2作目が1番面白かったです!

ガイモン
ガイモンさん / 2012年2月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どのような死に方

この作品シリーズはストーリーはほぼ同じ、後はどのような死に方を描くかに重点を置き、観客に驚いてもらうように作っている。
すでに5作組目になるが、全てのシリーズは観てないが、やはりどれもこれも同じストーリーでそんなエグい死に方するか!って思うがそれもこの作品の売り。
さてこの作品だがどうも後半はかなり手抜きに感じられた。と言うのも、最初の犠牲者と2人まではじわじわと死ぬのに後半はあっさりと死ぬ。
ネジや椅子の傾きがなどの仕掛け?があるのに対し、後半部分は即死が多い。
後、会社での仕事の位置付けがもうひとつわかりにくい。
劇場公開は3Dだから、やたら昔風の3D見せ方多すぎ、どれもこれも3Dは如何なもんか。
このシリーズはもういいやって個人的に思うが好きな人にはこういうのたまらないのだろうね。

ましゃ
ましゃさん / 2012年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今までのシリーズからすると、ちょっと地味な印象でした

今までのシリーズも楽しんでいる私から言わせると、ちょっと地味な印象を受けました。せっかく3Dを使っているんだから、もっと派手な死に方をしても良かったんじゃないかと。最初の橋が壊れる部分も含めて、いま一つインパクトに欠けていたように思います。
内容的にも地味というか、もっと迫り来る死に対して、色々と抵抗してみても良かったんじゃないかと。
それと見ていて思ったのは、「いかに観客の予想を裏切るか」にばかり主観を置きすぎている気がしました。そこばかりを気にして作っている為に、全体的な話はマンネリ化しているというか。まぁこのシリーズは変わらない事に意義がある気もしますが、、、。

シリーズを楽しんでいる方なら、とりあえず見てみるのも良いかと。
初めてこのシリーズを見る方であれば、まずはゲオで過去シリーズを100円レンタルして来る事をお勧めします。何故ならこのシリーズは好き嫌いがはっきりする映画だと言う事が一つと、それと過去作品を見ていないと分からないというか、気付けない部分があります。(そこだけちょっと「おっ!」って思った)

どうでもいい話ですが、ヒロインがどことなくゴシップガールのセリーナ・ヴァンダーウッドセンに似ていましたね。ちょっとふくよかにした感じ。そう思ったのは俺だけかな?

green condom
green condomさん / 2011年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖くて目をそらした

このシリーズはずっと見ていて、単純だけれど、結構好きなシリーズだった。
毎回、ワンパターンだと思いつつ、怖くても観終わったときにちょっとすっきりとする感じが好き。
今回もそういう意味では面白かった。
ただ、ホステルシリーズでも目をそらさなかった私が、あるシーンだけは、目をそらしてしまった。予想のできる怖さでもやっぱり怖いものは怖い。多分まだ続くだろうけれど、また観たい

デルフィニューム
デルフィニュームさん / 2011年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PART 1からのファンの方々。必見!そんな人いますか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

始めに、航空券のアップが出てきます。???携帯電話も少しダサめ。。。

学生レベルの落ちの付け方だけど、ラスト4分に、、、、あたしは、幸せな気持ちになってしまいました。やっていただいたあーーー。

映画って、繋がっているのですね。。。。

shwokobabubabu
shwokobabubabuさん / 2011年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめました

映画の日(10/1)に3Dで観ました。

3Dだと映画の日割引が効かない映画館もあるけど、今回行ったユナイテッド・シネマ系列では3D料金400円が加算され1400円で観ることができた。(但し、事前にインターネットで席予約を取ったら手数料100円掛かって合計1500円)

3Dで迫力満点でした。

特に、冒頭の巨大な橋が崩落する映像は圧巻!あそこだけでも、観る価値はあると思う。

でも、スプラッタ系が苦手な人にはちとキツイかも・・・・という箇所もチラホラ・・・俺は全然平気だったけど。

蚊に刺されて腹がパンパンに膨れるほど血を吸った蚊を手でパシン!と叩くと直径10mm位の血痕になって蚊が潰れるけど、同じように人間が潰れるとか、串刺しになって死ぬとか(それも3Dで)

『人間がこんなに軟らかいか~?』ってくらい潰れたり、『この置物って何トンあるんだよ』って位、重かったり(そのせいで頭がぐっちゃり潰れたりする)時々物の固さ・軟らかさや重さが桁違いにおかしく感じることがある映画でした。

達也_
達也_さん / 2011年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アトラクション!

 試写会で観ました。(本来は3D作品なのですが試写会では2D上映でした)

 まるで、ポップコーンがハジケるように人が死にます。

「きゃあああああ!!!!!」とか、
「いゃあああああ!!!!!」とか、
「うぎゃああああ!!!!!」とか、
「ひぃいいいいい!!!!!」とか、

 思い切り叫んで、日ごろ溜まった鬱憤を晴らしましょう。
 もしかして、今年イチバンのインパクトかもしれません。

 ポンポンポンポンポーンとドンペリ抜いて、(控えめにピンクで)

「イッキ! イッキ!」のコールがかかってるみたいな異様なテンションで試写会場をあとにしました。

na_na_shi_3
na_na_shi_3さん / 2011年9月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もはやSAWの二の舞

今回の犠牲者の死に方がとにかく痛いのなんの・・・これを3Dで見たいと思わない。そんなに3Dのエフェクトがある訳でもない...
またストリーに関してもお~~~っと言わせたいよう仕向けてる感じが否めない。結局「死を相手に送る」意味のなさに気が付いた
どうせ6作目もできると思うけど、どうせこの映画はどのような残虐な方法で殺すのかに着目してストーリーは完全に消えると思う
最高なのは1と2だけと思う
あとこの映画の三人目の犠牲者の死に行くまでの過程にドン引き

LUDACRIS
LUDACRISさん / 2011年8月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi