僕等がいた 後篇のレビュー・感想・評価

僕等がいた 後篇

劇場公開日 2012年4月21日
15件を表示 映画レビューを書く

原作と

なーんか物足りない

なー吉
なー吉さん / 2017年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後篇はちょっと重たい

「愛を与える人間」「周りの人を守れる人間」に私もなりたい。高橋と矢野の人を思う気持ちは、はっとさせられる。また、いつかふと見返したいなぁ。

ぶーこ
ぶーこさん / 2017年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作が大好きです。なので初めは観るのを躊躇ってDVDで観たのですが...

原作が大好きです。なので初めは観るのを躊躇ってDVDで観たのですが主演2人が本当にピッタリでした。キャラクターそのままの雰囲気が出ててそれだけで満足です。
ラストシーンがとても綺麗でした。
原作と主演2人が好きな人は何度でも観たくなると思います。(少なくても私はそうです)

リリィ
リリィさん / 2016年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前編より原作に忠実

でよかった。

かんたーびれ
かんたーびれさん / 2016年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切なさ。

前編よりも、盛り上がりには欠けましたが、しっかり最後まで再現してくれました。
この作品に出会えたことに感謝です!

よっしー
よっしーさん / 2015年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作をちゃんと読んでなくて、読みたいと友達にいったときに映画をお勧...

原作をちゃんと読んでなくて、読みたいと友達にいったときに映画をお勧めされました。実写化の映画は内容をつめこみすぎて好きではなかったのですが、この作品は前編後編がわかれていて無理に凝縮していなかったので内容が入ってきました。
前編では、七実と矢野が出会いお互いに惹かれていくのに高校2年生の三学期に矢野が東京に転校することになり、遠距離になる、

後編から、矢野が東京にきて起きた出来事から社会人になるまでのストーリーを描いていて、彼には次々と困難が襲い東京にきた始めは頻繁に連絡を取っていたがだんだんと途絶えていった。
七実は矢野を信じ連絡を待つが4年経っても音沙汰なし。
ある時、矢野は幼馴染の竹内くんに七実を任せたと伝え消えた。
竹内くんは七実と同棲を始め、結婚を申し込むが断られてしまう。
社会人になり、七実が出版会社に勤めるとそこで矢野の東京の学校の同級生と出会い、東京で何が起きてたか知ることになる。七実は矢野の力になりたい、側にいたいと願うがなかなか見つけられない。

のぞみ
のぞみさん / 2015年2月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

30点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

30点
なんか終始イライラしてもた。
なんでか後半テレビ壊しそうなったw
なんでかなー?わら
俺も矢野と同じ考え方してたからか
幼稚な恋やと思ってしまったのか
オカン自殺するの想定できたからかw
けど一回泣いたよw

コウセイ
コウセイさん / 2015年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念

前作が面白かったので、期待していたのですが.....
そこまで引き込まれる内容ではありませんでした。

内容がありきたりで凄くつまらなかったです。

ばななのみ
ばななのみさん / 2014年12月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めて主人公に共感でき、ヒロインを愛おしく思えた

20本以上見て、初めて主人公に共感でき、ヒロインを愛おしく思えた作品。運命は誰かに決められているものじゃなく、信じて進み続け、辿り着いて振り返った時、そう感じるものだと思えた。

yatarou24
yatarou24さん / 2014年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ここにいた

あ〜ぁ よかった

矢野が見ててつらかったなぁ

葛藤していて 好きに生きたら幸せなのになと…

なんだかんだキュンキュンです。

アスラン
アスランさん / 2013年5月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過去に負けない未来 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

駅のホームで別れて5年…。

東京の大学に進学した七美は就活に奮闘する傍ら、音信不通になった恋人・矢野への想いを引きずっていた。
ある日七美は、音信不通になった矢野の秘密を知る事に…。

高校時代の煌めきや初々しい恋を描いていた前編に対し、完結編となる後編は、非常にドラマチック。悲劇的でもあり、さながらすれ違いメロドラマ。

母の病、学業と両立のバイト、母は精神を病み、そして…多くの苦境に直面する矢野は、薄幸のヒロインならぬ薄幸の男の子。
自暴自棄になり、全ての過去を捨てる姿は身を切る思い。

七美も自分をひたむきに支えてくれる竹内との将来を考え始めるが…。

新しく登場する比嘉愛未演じる千見寺がナイスキャラ。
新たな恋敵かと思いきや、七美とも矢野とも関わりを持ち、支えてくれる友人。そのイイ女っぷりは惚れ惚れ。

七美と矢野、七美と竹内、矢野と山本…それぞれの想いがすれ違い、絡み合い、時に切なく、苦しみながらも、 相手を想う心を美しく、温かく、強く伝えてくれる。

そして長年の想いが成就する大団円。
“過去に負けない未来”を、二人で歩み始める。

前編後編合わせて堂々4時間、いつしか作品世界に浸り、見応え充分のラブストーリーだった。

近大
近大さん / 2012年10月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸キュンしたい人はおススメよ。

原作っぽいせりふ回し?もう胸キュンシーンが波のように押し寄せます。

吉高さんよりも生田くんのナチュラルな演技をスクリーンいっぱいに感じら

れた作品でした。「好きだよ、ばかあ。。。」言ってみたい。。。

若い頃の恋をつい思い出してしまう感じ。30代後半の私でもキュンキュン

できました。うるおいの欲しいあなた。ぜひ見てね。

tomo55
tomo55さん / 2012年6月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

青春!!

原作者が高校の同期、舞台は母校、ロケ地は故郷の本作、後篇も客観的に観るのは無理でした。今年100周年の北海道釧路湖陵高等学校です。実家は既に有りませんが同窓会と同期会で今年は2回釧路へ。青春は終わっていません!

dekatter
dekatterさん / 2012年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純粋な僕等がいた、昔。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前篇が終わって間もなく後篇、っていうのは有り難い。
間があくと、その時の感情が薄くなってきてしまうので…。
前篇がかなり良かったので、後篇も期待していたが、
まぁ予想通りの展開で、前編の良さには遠く及ばなかった。
でも考えるとある意味、学生時代の恋愛がキラキラしている
というのは本当、社会に出て世知辛い現実を味わえば自ずと
皆がそういう想いに至る。…となれば、これはリアルなのか^^;

うーんしかし、、人生いろいろとはいえ^^;
矢野が味わう人生の重さは後篇でもかなりのものがある。
少女漫画の世界には必ずある「不幸」という設定は分かるが、
幾らなんでも、ここまで障害が立ちはだかり過ぎるのも酷い。
そしてそれは、矢野を追い回す山本(本仮屋)にも通じるのだ。
この物語は恋愛モノとしては同世代の人達向けなのだろうが、
私達の世代にとって「親」としての資質を問われる内容がある。
親の育て方、接し方如何で、子供はこうも不幸になる…と。

男は(若かろうと歳だろうと)好きな相手に弱みは見せたくないの
だろうが、いきなり音信不通になられては、どんなに慈悲深い
女でも、そうは待っていられないものだと思う。今作の七美は
あくまでその想いを守り抜こうとするが、それが周囲の人生を
巻き込んでしまう純粋であるがゆえの残酷さ、に繋がっている。
後篇での彼らの感情の見せ方は、前篇のズキズキするような
痛みと違って、相手のためにと動けば動くほど傷つけてしまう
大人対応の結果を見せられている感じだった。実際にそんなに
何年も逢わずにいれば、お互いそれなりの人生に甘んじたまま
毎日を過ごしていくものなのだが、運命の再会を信じて…!?と
いう読者鑑賞者の期待を裏切らない怒涛の展開に目が離せない。

それにしても本当に…
自分の人生を振り返り幸か不幸かを考える年代になってみると、
あの時あんなに絶望した一時が、まるで懐かしい想い出のように
甦ってくる。あの出来事があって、あの絶望を味わったからこそ、
今こうやって漫然と(爆)生きていられるのかもしれないなぁと…。
いい意味でも悪い意味でも人間は図々しく図太い生き物なのだ。
ピュアな気持は失いたくないけれど(汗)
すごく純粋な僕等がいたのは、昔。という事実をこうして味わい、
想いを巡らせることができるから、現在を生きてゆけるのである。

…なので、想い出には乾杯。

(子供には親の絶大な愛情と信頼が必要、束縛しすぎもNGだわ)

ハチコ
ハチコさん / 2012年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり泣いちゃった(ToT)

前編と同様、カップル&女子高生の間におじさん一人。。。
でも、恥ずかしがらずに堂々ど真ん中の席で観ました!!
どうだ!

で、感想。
やっぱり泣いちゃいました。

一途な気持ちを吉高さんがうまく表現していましたね。
やっぱりうまい!
本当に人を想う気持ちが伝わってきて、感動しました。

生田くんの苦しみもビンビン感じましたよ!
ちょっとラストは「ハナミズキ」とダブっちゃいました(笑)
でも、いい男なので許す!

最後は『スカッ』と映画館をあとに出来ました。

前編、後編通じて、本当に良かったです。
嫁と遠距離恋愛を7年間続けていた時の気持ちを思い出しました。

酒馬仙
酒馬仙さん / 2012年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi