ひとすじの温もり Im Nordwind
ホーム > 作品情報 > 映画「ひとすじの温もり Im Nordwind」
メニュー

ひとすじの温もり Im Nordwind

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

長年勤めてきた会社を突然リストラされた男が、家族に打ち明けられずに苦悩する姿を描く人間ドラマ。監督は、これが長編デビューとなる1970年生まれの女性監督ベティナ・オルベリ。2005年シュベリン映画芸術祭で監督賞を受賞。

ストーリー

警備会社に勤めるエルウィン(アンドレ・ユング)は、ある日、長年勤勉に勤めた会社にリストラされてしまう。会社へ十分貢献してきたつもりだった彼にとって、この突然の出来事は納得できるはずもない。失意と怒りの中、彼は妻のカトゥリン(ジュディテュ・ホフマン)や娘のリンダ(アイコ・シュー)にも内緒で新しい仕事を探し始めるが、キャリアはあるものの熟年の域に達する彼の年齢とプライドが重なり、就職活動はうまくいかない。カトゥリンは原因不明の首の痛みに悩まされていたが、折から進めていた新居のレイアウトに夢中になることで、その痛みを忘れようとしていた。一方、学校でやりたいことを見つけられないリンダは、興味を持っていた服飾デザインの道に進みたいと両親に話してみた。しかし猛反対に遭い、自室にこもって自傷行為を繰り返すようになる。意気込んで新たな面接に向かったが、やはり職を得ることが出来なかったエルウィンもまた、失意のどん底へ突き落とされてしまう。彼らは溜まった思いを吐露することも、またお互いを理解することも出来ず、家族の歯車は徐々に狂い始めてゆく。...

作品データ

原題 I'm Nordwind
製作年 2002年
製作国 スイス
配給 シネマ・アンジェリカ
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi