マンハッタンの哀愁
ホーム > 作品情報 > 映画「マンハッタンの哀愁」
メニュー

マンハッタンの哀愁

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョルジュ・シムノンの原作を、「広場」のマルセル・カルネとジャック・シギュール(台詞も担当)が共同で脚色、マルセル・カルネが監督した愛の心理ドラマ。撮影は「霧の波止場」のオイゲン・シュフタン、音楽は新進マル・ワルドロンが担当した。出演は「秘密大戦争」のアニー・ジラルド、「リーザの恋人」のモーリス・ロネ、「悪徳の栄え」のO・E・ハッセ、「広場」のローラン・ルザッフル、「ある晴れた朝突然に」のガブリエレ・フェルゼッティなど。製作はシャルル・リュンブローゾ。

ストーリー

夜のマンハッタンは昼間の騒音を忘れてしまったように、ひっそりと静まっている。妻に裏切られ、傷心の思いでパリから流れてきた映画俳優のフランソワ(M・ロネ)は、そのつらい思い出をニューヨークでいやし、新しい出発をしようとしていた。彼がケイ(A・ジラルド)に出会ったのは、淋しさが互いに歩みよるマンハッタンの裏街の酒場であった。アルコールで埋めるほか、どうしようもない孤独な心を抱えたニ人は、お互いの名も知らぬまま、瞬時のやすらぎを求めてホテルに入った。ケイはイタリアの外交官ラジル伯爵(G・フェルゼッティ)と離婚しニューヨークでパィロットのピエール(R・ルザッフル)と生活していた。フランソワはケィとの新しい出発にかすかな希望を見出し、テレビ映画に出演することとなった。フランソワの部屋で、ケイとの生活が始まった。その頃、ケイの娘が急病になり彼女は看病のため夫の任地メキシコへ旅立った。ケイの留守中、フランソワはうつろさをまぎらわせるために、テレビ映画で共演の女優と一夜をすごした。もしかしたらケイはもう戻らないかも知れないという不安にかられて。一方ケイも、以前とは違ってやさしい伯爵を見いだしたが、やはりフランソワを忘れることはできない。ケイがマンハッタンに帰り、フランソワの胸に迎えられた朝、それは、二人がマンハッタンの第三の部屋で新しい出発をむかえる日であった。...

作品データ

原題 Trois Chambres a Manhattan
製作年 1965年
製作国 フランス
配給 松竹映配

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第26回 ベネチア国際映画祭(1965年)

ノミネート
ボルピ杯(最優秀女優賞) アニー・ジラルド

DVD・ブルーレイ

愛の妖精[DVD] 隠された記憶[DVD] 若者のすべて 【HDニューマスター版】[DVD] 若者のすべて[Blu-ray/ブルーレイ]
愛の妖精[DVD] 隠された記憶[DVD] 若者のすべて 【HDニューマスター版】[DVD] 若者のすべて[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年1月25日 最安価格: ¥2,426 発売日:2006年10月6日 最安価格: ¥4,104 発売日:2010年9月25日 最安価格: ¥3,292 発売日:2015年4月24日 最安価格: ¥3,629
Powered by 価格.com

他のユーザーは「マンハッタンの哀愁」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi