クジラの島の少女のレビュー・感想・評価

クジラの島の少女

劇場公開日 2003年9月13日
1件を表示 映画レビューを書く

誰のせいでもない

族長である祖父が求める指導者としての血を引きながらも、女であることで認められない主人公。伝統が途絶えること、祖父が失望することに対し、彼女は何度も「それは私が女だったせい?」と考える。そして祖父もまた、ある事件をきっかけに、この不幸は誰のせいだ?と考える。そして彼女が、それは誰のせいでもないのだ、という結論に至り、それまでに、この小さな少女がどれだけ悩んだのだろう、ということに胸がいっぱいになるし、そこに辿り着けたからこそ、彼女は光を見出すことができたのだと思うと、自然と涙が出てくる。また観たくなるかも。

rire
rireさん / 2016年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi