鷲と鷹(1970)のレビュー・感想・評価

メニュー

鷲と鷹(1970)

劇場公開日 1970年6月20日
1件を表示 映画レビューを書く

川を挟んで対峙

総合65点 ( ストーリー:70点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 集落を襲って騎兵も村民も皆殺しにするという凶悪な盗賊団が、主人公側と川を挟んで対峙するという単純な構造である。だがそれぞれの内部でも利害関係と派閥があるし、川を渡りたい・渡らせないで思惑と作戦と交渉があって楽しめた。主人公と村人、盗賊団の首領とその参謀と部下たちといった人間関係の描き方もいい。主人公の友人役のフィルがいい味をだしていた。
 しかし西部劇ではよくあるが、銃弾の飛び交う戦いが一方的になりがちな演出は古くてそれほどでもない。船同士がほぼ隣り合って撃ち合っているのに、敵だけが倒れるのはやはり良くない。川を挟んでの狙撃が必要なときだけ命中するのもどうかと思う。

Cape God
Cape Godさん / 2015年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi