ライアー
ホーム > 作品情報 > 映画「ライアー」
メニュー

ライアー

劇場公開日

解説

殺人事件の容疑者とふたりの捜査官の駆け引きを凝った構成で描いた異色のサスペンス。監督・脚本は双子の兄弟のジョナス・ペイトとジョシュ・ペイトで、『共犯者』(ビデオのみ)に続く彼らの監督第2作にあたる。製作のピーター・グラッツァー、美術のジョン・D・クレッチマーは『共犯者』に続く参加。製作総指揮は「ザ・ウィナー」のマーク・デイモン(出演も)。撮影は「ジョーズ」「アナコンダ」の名手ビル・バトラー。音楽は「草の上の月」のハリー・グレグッソン=ウィリアムス。出演は「グリッドロック」のティム・ロス、「フューネラル」のクリス・ペン、「ヘンリー」のマイケル・ルーカー、「ザ・エージェント」「草の上の月」のレネー・ゼルウィガー、「クラッシュ」のロザンナ・アークェット、「この森で、天使はバスを降りた」のエレン・バースティンほか。

ストーリー

富豪の子息ウェイランド(ティム・ロス)は、ブラクストン(クリス・ペン)とケネソウ(マイケル・ルーカー)のふたりの捜査官に、エリザベス・ロフタス(レネー・ゼルウィガー)という娼婦が胴体を切断されるという惨殺死体で発見された事件の容疑者として尋問を受ける。ポリグラフ=嘘発見器を使い、尋問を続ける捜査官ふたりだが、名門大学の心理学科を首席で卒業した切れ者のウェイランドはなかなか口を割らず、逆に捜査官ふたりの秘密を暴き立てて翻弄する。ブラクストンは街の裏社会の女ボス、ムック(エレン・バースティン)に多額の借金を負い、ケネソウは浮気な美人妻(ロザンナ・アークェット)への嫉妬に狂っていた。しまいにウェイランドは持病のTLT=側頭葉てんかんの発作を起こしてケネソウを殴り倒した。その2日後、尋問に再び現れたウェイランドは真実を語ると言って、1本のビデオテープを見せる。それにはケネソウがエリザベスに暴力を働く場面が映っていた。ウェイランドはケネソウをポリグラフにかけて追い詰めるが、ケネソウは逆襲。ウェイランドはついに、なじみだったエリザベスの死体を発見して、自分が犯人にされるのを恐れるあまり、彼女の死体を切断して捨てるという偽装工作に出たのだと告白した。その直後、ウェイランドは発作で倒れて病院へ運ばれた。救急隊員のひとりは、ウェイランドがムックのところで昏睡状態に陥る危険があるという怪しげな薬を手に入れた時、同席していた黒人男だった。同じくムックの手下である葬儀屋は彼の父親(マーク・デイモン)に死を告げる。だが、その1年後、ウェイランドは夜の街角で女に声をかけていた……。...

作品データ

原題 Liar
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 アスミック
上映時間 102分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • 正解がわからない なんと言うか、見事に嘘をつかれたのか、どこにどう驚いていいのかイマイチよくわからなかった。 ネタバレを見ても、マイナー?な分レビューは少なく、納得できるものも無かった。 『海上のピアニスト』の方... ...続きを読む

    チヌテ チヌテさん  2014年11月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ライアー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi