二十日鼠と人間(1992)のレビュー・感想・評価

二十日鼠と人間(1992)

劇場公開日 1992年12月12日
4件を表示 映画レビューを書く

本の方がいいかな

本を読んでとても感動したのでずっと観たかったのですがやっと観れました!
CSIのひとが主演なんですね!

R Film n
R Film nさん / 2018年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おいらにはあんたがいる

LOSTのソーヤーが好きな本だと言っていて気になっていました。やっと見れました!

とても静かな映画ですが冒頭からずっと「なにが起きるんだろう」とドキドキが収まらず興奮していました。描写が素晴らしくて状況が解りやすいのです。
ストーリーは深いですね…。レニーもジョージも心優しい人間で、ざんねんでなりません。2人の楽しそうな顔、1人になったジョージの眼差しが印象的です。

くまの
くまのさん / 2015年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本物の映画です。

たまたまレンタルで借りて観たら演技とはこう言うもんだ!っとビックリしてセルDVDを買いました。ジョンマルコビッチの演技は完璧です。てかキャスト全員演技はピカ1です。ストーリーは最初から最後までどんより系ですがこれが映画だと実感出来る作品です。映画好きなら観とくべきな作品。

エイジ
エイジさん / 2014年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙なしには観られません

久し振りに強烈に心を揺さぶられる作品に出会いました。
文句なしにお気に入りマイベストの5本の指にランクインです。

冷静で知的な主人公ジョージ(ゲイリー・シニーズ)と
大柄で少し頭の弱いもう一人の主人公レニー(ジョン・マルコビッチ)。

恐慌時代のカリフォルニアを舞台に転々と農場を移りながら働く2人。
いつか自分達の牧場を持つ事を夢見ながらいつも一緒に頑張っています。

知的障害のあるレニーは行く先々でトラブルに巻き込まれてジョージに助けられていますが
旅の途中や農場の宿舎でジョージは将来の夢を語り聞かせ、それを満面の笑みで聞くレニー…。
2人の間には確かな絆があります。

そんな2人が新しい土地で将来の夢に賛同してくれる新しい仲間と出会い、
みんなで一緒に計画を語り合う夜には観ているこっちまでドキドキワクワク。顔は自然とニヤニヤ…。
たまらなく大好きです。ああいう感じ。仲間っていいですね~。

ただし物事はそうそう上手くはいかないもので、その後に訪れるのはいつものトラブル。
紆余曲折を経て辿り着くラストは…(涙)

僕の中では「フォレスト・ガンプ」の“ダン中尉”のイメージが一番強いゲイリー・シニーズ。
実はこの作品に出会うまで名前と顔が一致してませんでした。

この作品では難しい役どころを演じた、名優ジョン・マルコビッチと並んで
本当に素晴らしい演技を見せてくれていますが、なんと主演兼監督だったとのこと。
それを知ってすっかり見る目が変わってしまいました。

ストーリーも映像も俳優も、どれをとっても素晴らしい
本当に久々に出会った珠玉のヒューマンドラマ。

ぜひ一度観てください。
きっと涙なしでは観られません。

※他サイトより転載(投稿日:2008/04/14)

live_at_luxor
live_at_luxorさん / 2009年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi