天菩薩
ホーム > 作品情報 > 映画「天菩薩」
メニュー

天菩薩

劇場公開日

解説

抗日戦さ中の中国山岳地帯の原始的民族集落を舞台に、約10年にも及ぶ奴隷生活を強いられたある米国将校の姿を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはチェン・ホイリーとジョンストン・ウォン、監督は本作が日本での一般公開第一作になるイム・ホー。ホーとコン・リャンの原作を基に、リャンが脚本、撮影はルー・ユエとウォン・チャオリェ、音楽はチャオ・チーピンが担当。出演はジョン・X・ハート、チャン・ルートンほか。

ストーリー

45年春、中国四川省の辺境、凉山の山岳地帯に墜落した米軍機の消息を追って、将校のジェイムズ・ウッド(ジョン・X・ハート)が、ここに住むイーダ(ヤン・ビーデ)率いる少数民族の集落にやってくる。が、ふとしたことから彼は三人のイ族に誘拐され、そのままシャマ族に奴隷として売られてしまう。ラティエと名づけられた彼はスキを見て脱走を試みるが、うまくはゆかない。ある日シャマの村が襲われラティエはイーダの村に連れてこられる。ここでも彼は奴隷として暮らす以外の術を持たなかったが、しばらくして仕返しにやってきたシャマ族との戦いで功績を挙げた彼は、ようやく人間としての扱いをうけるようになる。女奴隷ニウニウ(チャン・ルートン)との間に恋も芽生えたが、彼がイーダの娘ラモ(チェン・ヤオ)と通じたことが分かり、ついにラティエは伯父(ガオ・チュン)に売り渡された。49年、新生中国が誕生し、奴隷制度も廃止されるが、ウッドは依然奴隷として働いていた。56年、解放軍の兵士となった旧友ノンガ(フー・シャオパオ)が、現在ムヘイと呼ばれ、いまだ奴隷の生活を送っているラティエの姿を発見する。彼はラティエとニウニウを再会させ、晴れて奴隷の身を解かれたウッドは、ニウニウと彼女の娘ララ(カン・ララ)の三人で暮らし始める。しかし彼らのささやかな幸せもつかの間、解放軍がウッドに国外退去を命じる。迎えのジープに乗せられひとり山を下りるウッド。ララを抱えて取り残されたニウニウの瞳は空ろである。...

作品データ

原題 Buddha's Lock 天菩薩
製作年 1986年
製作国 香港・中国合作
配給 ユーロスペース

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

天菩薩
天菩薩
2013年12月27日
¥480
DMM.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi