地底探検
ホーム > 作品情報 > 映画「地底探検」
メニュー

地底探検

劇場公開日

解説

ジュール・ヴェルヌの空想小説「地軸への旅」の映画化。「ゆきすぎた遊び」のチャールズ・ブラケットと「夢去りぬ」のウォルター・ライシュが共同で脚色にあたり、監督は「覆面の騎士」のヘンリー・レヴィン。撮影は「ゆきすぎた遊び」のレオ・トーヴァーが担当。音楽を受けもったものはバーナード・ハーマン。出演するのは「日のあたる島」のジェームズ・メースン、「恋愛候補生」のパット・ブーン、「悪の対決」のアーリン・ダール、「アンネの日記」のダイアン・ベーカー、セイヤー・デイヴィッド、ピーター・ロンソン等。製作チャールズ・ブラケット。

ストーリー

従男爵の位をさずけられたお祝いに学生アレック(パット・ブーン)から熔岩の文鎮をもらったオリバー教授(ジェームズ・メイスン)は驚いた。それは珍しい熔岩だったのである。溶解してみると中からアルネ・サクヌッセムというスエーデンの学者が刻んだ文字のあるシンチュウのオモリが出てきた。それによるとサクヌッセムは、噴火口から地底の世界に達して死んだらしい。興味をそそられた教授はスエーデンの有名な地質学者ゲタボルグ教授に照会の手紙を出した。しかし、彼は行方不明だった。教授はアレックをつれてアイスランドに向った。途中2人は何者かにさらわれかけたところを、ハンスという鴨の番人に助けられた。住居についてみるとゲタボルグ教授は毒殺されていた。彼を訪ねた最後の人は、アルネ・サクヌッセムの子孫であるサクヌッセム伯爵だった。教授とアレック、そしてハンスとゲタボルグ教授の未亡人カーラ(アールン・ダール)の一行は、噴火口から地底に降りてみることとなった。途中にサクヌッセム伯がまちうけていてアレックに傷をおわせた。教授が目つぶしをくわせて彼を捕らえ、死刑にしようとしたがハンスの命ごいで伯爵も一行に加わることになった。大キノコの林をぬけたり、大蛇に出あったりしながら旅行は続いた。そして、磁気あらしに悩まされながら一行は洋上を経て地軸に達した。身につけたあらゆる金属を吸いとられ一行がたどりついたのは伝説の都アトランチスの廃墟だった。そこで一行はアルネ・サクヌッセムの死体を発見した。伯爵は罪のむくいで円柱の下敷となって死んだ。やがて一行は立穴と地上に吹き上げる風を利用し、地表にでた。カーラと教授は互に愛し合うようになり、エディンバラに帰ったアレックは許婚者で教授の姪にあたるジェニー(ダイアン・ベーカー)と結ばれた。...

作品データ

原題 A Journey to the Center of the Earth
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第32回 アカデミー賞(1960年)

ノミネート
美術賞(カラー)  
特殊効果賞  
音響賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi