招待
ホーム > 作品情報 > 映画「招待」
メニュー

招待

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アウシュビッツの悲劇を背景に戦争の悲惨さを描く。製作はトマシュ・ミエルノフスキ、監督・脚本は「アウシュウィツの女囚」のワンダ・ヤクボフスカ、撮影はマチェイ・キヨフスキ、音楽はピヨートル・マルチュフスキが担当。出演はアントニーナ・ゴルドン・グレツカほか。オリジナル・タイトルは“Zaproszenie”。

ストーリー

39年、クラクフの若い女医アンナ(マリア・プロボシュ)はピーター(レシェック・ジェンタラ)と結婚するが、彼は直ちに召集され、やがてポーランドはナチスの占領時代を迎える。アンナの父(ヤヌーシュ・シクテラ)はドイツ兵に連行され、再び戻ることはなかった。ある日アンナのもとにピーターの戦死の知らせが届き、悲嘆にくれる彼女はやがて夫の弟ヤン(アルトール・ブラチシ)と再婚するが、2人はナチスに連行されアウシュビッツに送られる。収容所で女医として囚人のために献身的看護を続けるアンナは、夫と励ましあってこの地獄を生き抜く。やがてソ連軍接近の混乱の中で、負け戦と知ったドイツ兵は逃亡し、アンナたちはソ連軍によって保護された。そんなある日、戦死したはずのピーターが戻ってくるが、妻が弟と結婚したことを知るや国を去ってしまう。アンナはヤンと一人娘とで小児科医として戦後を生きるが、戦時中の無理がたたり夫は若死にしてしまう。時は流れ社会的地位を確立し、平穏な生活を送るアンナ(アントニーナ・ゴルドン・グレツカ)のもとに、アメリカで大学教授として成功したピーター(カジミェレ・ヴィフニヤレ)が姿を現わした。2人はお互いに今も変わらぬ愛情を感じながらも、戦争によって生じた溝を埋めることはできず、またそれぞれの世界へと戻ってゆくのだった。...

作品データ

原題 The Invitation Zaproszenie
製作年 1985年
製作国 ポーランド
配給 女たちの映画祭実行委員会

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi