エル・シドのレビュー・感想・評価

メニュー

エル・シド

劇場公開日 1962年4月27日
3件を表示 映画レビューを書く

そして伝説へ・・・

当然ながらCGのなかった1960年代、すべてのシーンが人力でこなされており、バレンシア攻略戦は圧巻です。(よく見ると途中で落馬している人も)
チャールトン・ヘストン主演の超大作「十戒」や「ベン・ハー」と比べると少し見劣りはしますが、序曲から始まり3時間以上と見応えがあります。
主人公がいつ追放されるのだろうとハラハラしながら見てください。
77点。

neonrg
neonrgさん / 2016年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは、力入ってますね

アンソニー・マンの超大作ってことで良いのでしょうか? いや、スケールが大きいですね、実際。エキストラの数も相当ですし、実写の迫力はやはり凄みがありますね。一番唸ったのは、イスラム教徒が夜半に海岸沿いを進撃してくるシーン。ドラムの音の恐ろしさとともに、なんだかとても崇高なものを観ているかのような美しさがありました。あと、ソフィア・ローレン、相変わらずとても綺麗です。
大作だけあって、特に前半は細かい筋書がどうも練り切れてない感じはありましたかね。普段は、映画だから細かい筋書はそこまで整合性がなくてもいいかなぁ、なんて思いながら観ている私ですが、今回は幾度か、「はて? 君はそこでなぜそうなる?」と言いたくなるような場面が散見されましたね。これって、やっぱり筋書上の整合性というよりも、情緒的な整合性を感じられないところから来てるのかな、とか考えたりしてます。
と、いろいろ書いてはいますが、最後にはやっぱり身を乗り出して観ていた私がいるわけなのですね。

チャーリー
チャーリーさん / 2014年7月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古いけれど大量の人員を動員した歴史大作

総合70点 ( ストーリー:75点|キャスト:70点|演出:65点|ビジュアル:80点|音楽:75点 )

 大作の歴史絵巻である。その時代の似たような作品として「クレオパトラ」や「ベン・ハー」があるが、映画としての躍動感が少なかった「クレオパトラ」や宗教色が強すぎて物語に共感できなかった「ベン・ハー」よりもずっと良い。演出の古さは感じるし室内の場面の美術は作り物感があるものもあったものの、大掛かりな美術や実際の城を使って多くの人を動員した場面は迫力もある。動乱の歴史の中で波乱万丈に生きた一人の英雄の姿はなかなか壮絶だった。

Cape God
Cape Godさん / 2014年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi