浮気はパリで(1991)
ホーム > 作品情報 > 映画「浮気はパリで(1991)」
メニュー

浮気はパリで(1991)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

2人の妻とひとりの愛人を持つ男が、替え玉の部下が拉致されたことから、米ソのスパイ合戦に巻き込まれるコメディ。副題「女たちを少しだけ愛しすぎた男」。監督はバズ・テイラー、製作はモニーク・アノー、エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、脚本はピーター・バロフとデイヴ・ウォラート、撮影はイヴス・ダーハンが担当。

ストーリー

クロード(ジャッジ・ラインホールド)は、アメリカ中を飛び回っているビジネスマン。実は、クロードには2人の妻がいる。フェニックスにいるモリー(セシール・パオリ)と、ロサンゼルスのマギー(レベッカ・ポーリー)。さらに、会社の同僚のトニ(ミュリエル・コンビュー)とは愛人関係にある。毎年恒例のパリでの軍隊訓練のシーズンがやってきた。トニの、アカプルコへ行こうという誘いについのってしまったクロードは、部署移動を条件に、部下のコリン(ケーシー・シマスコ)を自分の身代わりに訓練に行かせることにした。さて、クロードが休暇を楽しんでいる間に、クロードになりすまして訓練を受けていたコリンは、ソ連のスパイにされるべく、拉致されてしまう。アカプルコで、自分が拉致されたという記事を読んだクロードは、びっくりしてパリに飛んで来た。一方、コリンはKGB諜報部員の女性と恋に落ち、一緒に亡命しようと、アメリカ大使館に出頭する。そこへ、パリへ来ていたクロードの妻モリーが現れ、さらにもう一人の妻マギーもやってきて、コリーに会い、夫ではないと主張。ソ連大使館へ行ってみると、そこへクロードが出頭してきて、大騒ぎに。窮地に陥って逃げ出すクロード。マギー、コリー、トニの3人は手を組み、どこまでもクロードを追いかけて行く。...

作品データ

原題 Near Mrs.
製作年 1991年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ヒューマン・ボム[DVD] MIND STORM マインド・ストーム[DVD]
ヒューマン・ボム[DVD] MIND STORM マインド・ストーム[DVD]
発売日:2004年7月9日 最安価格: ¥4,104 発売日:2007年3月21日 最安価格: ¥3,201
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi