愛をゆずった女
ホーム > 作品情報 > 映画「愛をゆずった女」
メニュー

愛をゆずった女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ポーランドからオーストラリアにやってきた移民の女性と妻子ある男性との恋を描く恋愛映画。監督は本作が長編デビューとなるポーランド出身のソフィア・ターキヴィチ。製作はジョーン・ロング、脚本はターキヴィチと作家のトーマス・ケネアリー、撮影は「ドクター」のジョン・シール、音楽はウィリアム・モツィングが担当。

ストーリー

1962年、シドニーへ向かう夜行列車の中で、ニーナ(ゴシア・ドブロヴォルスカ)は、かつての恋人ジュリアン(アイヴァー・カンツ)と12年ぶりに再会した。昔の希望どおり教師になったニーナはジュリアンと別離後のことを語り合う。--第二次大戦の終結直後、オーストラリアにはヨーロッパの移民たちが多数到着していた。ポーランドから来た若きニーナもそのひとりだ。移民たちはシルヴァー・シティと呼ばれる入国者センターに送られた。ニーナは、そこでやはり同国人のジュリアンと出会い、互いに魅かれ合うが、彼にはアンナ(アンナ・ジェミソン)という妻があった。やがてジュリアンの家族はシドニーへ移住、ニーナは彼から遠く離れた町で病院の下働きをすることにしたが、ノイローゼとなって、シドニーでアンナと同じ洗濯工場に勤めるようになった。ジュリアンは妻を捨て、ニーナと暮らし始めた。だが、ジュリアンはアンナと完全に離れることはできず、アンナが妊娠したことをニーナに告げる。ニーナは別れる決心をした。--再び62年。駅に列車が着き、家族との再会を喜び合うジュリアンの姿を見て、ニーナは目を伏せるのだった。...

作品データ

原題 Silver City
製作年 1984年
製作国 オーストラリア
配給 新日本映画社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi