愛・アマチュアのレビュー・感想・評価

メニュー

愛・アマチュア

劇場公開日 2014年1月18日
1件を表示 映画レビューを書く

元尼増の女と悪い男

ウッディ・アレンやマーティン・スコセッシとはまた違った形で、NYに対してアプローチを続けているハル・ハートリーだが、日本ではその名を余り知られていない。

映画の舞台はNYなのに、どこかヨーロピアンな風を感じさせるフィルムノワール。
児童ポルノの女王を演じたエリナ・レーベンソンの一度見たら忘れられない強烈なおかっぱ頭は、タランティーノの『パルプ・フィクション』でのユマ・サーマンと同じ。果たしてこれは全くの偶然なんだろうか?!
個性豊かなキャラクターたちを縦横無尽に操るハートリーだが、残酷シーンもお色気シーンもさらりと淡白に受け流している。
それでも彼のユーモアを加味した独特のタッチは、思わずクセになりそう。

元尼増の売れないポルノ小説家と記憶喪失のDV男は、無事にベッドイン出来るのか?が物語の大筋。罪人が聖人に生まれ変わったとしても、その犯した罪は現世にいる限り償わなければならないと言う重いテーマも内包されていて一筋縄ではいかない。

しかしエリナ・レーベンソンって美人なのか不美人なのか、ほんま曖昧な顔つきをしている。
何とも風変わりな女優さんだ。

みつまる。
みつまる。さん / 2016年10月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi