縄文式2
ホーム > 作品情報 > 映画「縄文式2」
メニュー

縄文式2

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

AV監督、緊縛師、男優、映画評論家として八面六臂の活躍をみせるダーティ工藤監督の、緊縛に対する想いを綴ったドキュメンタリーの第2作。監督は「縄文式」のダーティ工藤。撮影を「縄文式」のクラウス・マンスキーが担当している。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

ストーリー

10年以上のキャリアを持つ緊縛師・ダーティ工藤は、これまでに1000人以上の女を縛り続けてきた。そんな彼が緊縛で最も大事にしているのは、縄を解いた後に残る縄の跡、即ち“縄文式”だ(縄文式土器の縄模様と女の肌に残る縄の跡が似ていることからそう呼んでいる)。作品の中で、工藤監督はSMパフォーマーとしても有名な早乙女宏美にインタビューしたり、広義での縄文式として刺青への想いを語る。更に、30歳前で会社を辞めSM映画論史を書いたことがきっかけとなって業界に入ったこと、その後、AV監督としてもデビューも果たしたことなど、自らのキャリアを振り返る工藤は、最後にこう思うのだった。「好きなことをやって食えることは精神衛生上良い、また何事も続けることが大切である」と。...

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 DK Production
上映時間 72分
映倫区分 R18+

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi