路上(1996)
ホーム > 作品情報 > 映画「路上(1996)」
メニュー

路上(1996)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ひとりの男が、路上で生活する様々な人々に出会う姿を描いた作品。監督は神代辰巳の助監督として活躍を続けてきた「精霊たちの祭」の鴨田好史。本作は、神代監督の遺作『インモラル』の残フィルムを譲り受けて撮影された、同監督へのオマージュでもある。原案は主演もしている階G子。撮影は「モノクローム」の河中金美。16ミリ。1996年3月9日より京都・朝日シネマにて先行上映。

ストーリー

男は新宿ゴールデン街のバーから、飯盒を片手に街へ出た。彼は路上で様々な人間を目撃する。匍匐前進する少女、街角ミュージシャン、ホームレス、花園神社の国定忠治、踊る女、廃品を売る少年、ラーメン屋の呑んだくれ、サックス奏者、全身白塗り前衛ダンサー、絵描きなど。やがて、男は陽の沈みかけた浜辺へとやって来てコートを海に浮かべると、再び海岸線に沿って歩き始める。...

スタッフ

監督
原案
階G子
撮影
河中金美
音楽
ハル
永沼隆治
録音
小笠原明文
照明
岩崎豊
編集
菊池純一
大森順子
助監督
釜田千秋
スチール
飯島洋一
階G子

キャスト

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 銀幕工場
上映時間 42分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi