「由利徹と峰岸徹」ニッポン無責任時代 akkie246さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ニッポン無責任時代

劇場公開日 1962年7月29日
全4件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

由利徹と峰岸徹 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

かなり久し振りに由利徹、峰岸徹を見た。峰岸さんは、年配の頃からしか知らなかったので、若い時分の彼を見れたのは貴重な経験であった。古い映画にはこの種の感動がよくある。この映画のなかでは、社長の子息ではあるが、恋に一途な純粋な青年として描かれている。本作の主人公は、平均こと、植木等さん及びクレイジーキャッツの面々である。口先だけで女たちの気を引き、社長の懐に入り込んであっと言う間に大企業の部長にのし上がるタイラヒトシというはちゃめちゃ男の成功譚。そこにふつうの意味でのリアリティはない。

しかし、私が生まれ育った昭和という時代の混沌としたエネルギーに再会できた。混沌としたエネルギーに満ち溢れてはいるが、この映画自体は、無責任に作られたものではなかった。

「健全さ」をなによりも尊ぶ平成という時代が、昭和という不健全な時代を反面教師にしているのではないかという感慨もあります。

akkie246
さん / 2017年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi