暴力街(1974)のレビュー・感想・評価

メニュー

暴力街(1974)

劇場公開日 1974年4月13日
1件を表示 映画レビューを書く

安藤昇

旭、文太。五社英雄はやっぱりショボい。フラメンコがよっぽど珍しかったのか、やたらと長い。その雑さが、中島貞夫みたいに活劇に昇華されてなくて、単にかったるい感じに。リズム感にひどく欠ける。とうぜん情念なんて、微塵も感じ取れない。安岡力也が赤いシャツに赤いタイ、チェックのスーツで、やたらハンサム。若い平泉征が、だめなチンピラ役。文太は銃の密売人。肩にラジオぶら下げてヘッドフォン外しながら登場。

pigeyes
pigeyesさん / 2016年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi