完結 佐々木小次郎(1951)
ホーム > 作品情報 > 映画「完結 佐々木小次郎(1951)」
メニュー

完結 佐々木小次郎(1951)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「佐々木小次郎」の第三部をなす完結篇である。製作は宮城鎭治と稲垣浩の共同。前二篇と同じく朝日新聞連載の村上元三の原作を、前回の村上元三・松浦健郎に、今回は稲垣浩に代って「こころ月の如く」の藤本弓が脚色に協力している。監督は前二篇並びに「海賊船」の稲垣浩、撮影は「青い真珠」でデヴューした飯村正である。出演者は、前篇の顔ぶれに、宮本武蔵として「戦後派お化け大会」の三船敏郎と田崎潤、森繁久彌などが新たに加わっている。

ストーリー

奈美が琉球へ去ってまた夢を一つ失った佐々木小次郎は、島兵衛につきまとわれながら安芸の宮島までやって来た。そこで計らずも宮本武藏の剣法を見て、彼こそ将来自分の唯一の剣敵となる男だと悟った。岩国で高田又兵衛の槍と手合せをして知合いになり、小次郎は九州小倉の町に剣術指南の道場を開いて三年、岸流と称して門弟も多く集った。城主細川忠興に、御指南役として、家老長岡佐渡は宮本武藏を、有吉内膳は佐々木小次郎を推せんしている。そこで、武藏と小次郎と試合の結果、勝ったほうを指南役に正式に任命しようということになる。場所は船島、日取りは四月十そ三日辰の上刻と定められる。内わの前に宴をもうけて小次郎に膳妻を世話しようとするが、定めの通り従順に小次郎の召しを待っているかや、きのえ、さかゆの三人の娘たちを見て、彼はすぎ去った日の自分の悲恋を物語って聞かせ、自由な恋のよろこびと悲しさを教えてやった。そうした事から小次郎は兎彌に一眼合いたいと、試合を前に旅に出た。そしてキリシタンを信仰して百姓となっている東馬に会い、東馬の案内で教会堂で兎彌にも逢ったが、兎彌は神への信仰と小次郎への愛に見もだえするのだった。その兎彌もキリシタンとして牢獄につながれ、小次郎は兎彌を救いたいばかりに、試合のことも心にない有様だった。島兵衛は見かねて兎彌を牢獄から救い出して来た。小次郎はこれで心残りなく試合に臨めるといったが、時すでに遅く、用意周到な戦略を持った武藏のため、もろくも討れてしまったのであった。...

スタッフ

監督
脚本
村上元三
松浦健郎
藤本弓
原作
村上元三
製作
宮城鎭治
稲垣浩
撮影
飯村正
美術
北猛夫
音楽
深井史郎

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi