最後の顔役(1963)
ホーム > 作品情報 > 映画「最後の顔役(1963)」
メニュー

最後の顔役(1963)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ギャング対Gメン 集団金庫破り」の村尾昭が脚本を執筆、「浪人街の顔役」の佐々木康が監督したギャングもの。撮影は「暴力街(1963)」の西川庄衛。

ストーリー

東京の城東地区で拳銃の乱射事件が発生した。これは朝比奈建設社長菊屋英雄のシンジケート加入拒否に対する外国人ボス・ブラウンとその手先山岡の報復行為だった。「日本のシマは渡さねえ」と懐刀の白滝と高木を連れた菊屋は挑戦状を叩きつけた。この騒ぎにいつか紛れ込んで来たのは殺し屋の腕を売り込む嶋中である。翌日から山岡の麻薬組織が菊屋の手で片っ端から叩きつぶされていった。菊屋の弟分柴木が名古屋から上京してきた。山岡の兄弟分小松を中心に中京シンジケートの準備がすすめられているというのだ。乱射事件には裏切者がいる、と睨んだ菊屋を山岡たちが次々と襲うが、いずれも危うく逃れた。業を煮やしたブラウンと山岡は悪どい手に出た。朝比奈組の工事現場の足場が崩れ作業員が重傷を負った。足場の縄が焼き切られていたのである。現場に落ちていたライターから高木の犯行が割れた。しかし、高木は物蔭からの銃弾で即死してしまった。名古屋で柴木と小松との間に拳銃戦が起り、柴木は窮地に追い込まれた。白滝、嶋中の二人を連れ名古屋へ赴いた菊屋は、小松ら中京やくざの前で指をつめ柴木の義理を果たした。菊屋の肝っ玉にさすがの一同も声なく、陰謀は失敗と終った。名古屋から帰った菊屋のもとへ柴木が殺されたという電話があった。警視庁では全国各地からやくざが名古屋へ向っていることを重要視し、菊屋の足を止めるべく非常線を張った。すでに菊屋は嶋中の正体が刑事であることを知っていた。案じて必死に止めようとする嶋中の脚を射つと、菊屋は警察の裏をかいてまんまと名古屋へ乗り込んだ。ここは柴木のダム現場、爆発するダイナマイトの中をブラウン、山岡、小松ら一味を追いつめる菊屋と白滝。やがて、武装警官が、その中に嶋中の顔があった。...

スタッフ

監督
脚本
村尾昭
企画
植木照男
撮影
西川庄衛
美術
森幹男
音楽
万城目正
録音
加瀬寿士
照明
元持秀雄
編集
祖田富美夫
スチール
藤井善男

キャスト

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻[DVD] 赤穂浪士[DVD]
勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻[DVD] 赤穂浪士[DVD]
発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2011年11月1日 最安価格: ¥2,419 発売日:2003年12月5日 最安価格: ¥3,759
Powered by 価格.com

他のユーザーは「最後の顔役(1963)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi