行楽猿
ホーム > 作品情報 > 映画「行楽猿」
メニュー

行楽猿

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

平凡なある一家が出かけた夏休み恒例の家族旅行の中でのトラブルやすれ違いをシンボリックに描くドラマ。監督・脚本は「Kikuchi 菊池」のイワモトケンチで、前作に続いて“コミュニケーション三部作”と銘打たれたシリーズの第二弾、淡々としたユーモアの中に、家族的コミュニケーションが描かれる。撮影は「Kikuchi 菊池」の福田衡陽。前作と同様、色調や音響に綿密な計算による仕上がりが行われ、また一部は台湾でロケーション撮影された。

ストーリー

パパとママ、長男の義明と長女の美智子の四人家族は、美智子が五歳の時から毎年夏に家族旅行に出かけるのが恒例となっていた。今年の行き先は、ママがパパの提案に次から次へと反対したこともあって、決まったのは出かける一週間前、しかもいのしし村という聞いたこともない行楽地。八月十四日当日、家族は赤いスバルに乗って三泊四日の旅行に出るが、車をガードレールにぶつけ、パパとママは大喧嘩をしたり、やっとの思いで着いたいのしし村では猪の串焼きを美智子が食べることが出来ず、気分が悪くなって寝込んでしまう。結局、予定より一日早く帰ってくる。夏期休暇最後の日、猛烈に腹が減ったパパがゆで卵を食べていると、突然達磨大師が壁に現れ、『つまり、君は猿なのだ』と告げる。全てが分かったような気になったパパは、だがその事を家族にうまく伝えることができない。その夜、パパの提案で家族は出前の寿司をとる。そのうち、パパは達磨大師の顔を思い出せなくなる。明日の朝、パパは久しぶりに会社に出勤する。...

スタッフ

監督
脚本
イワモトケンチ
製作
大井秀一
プロデューサー
久保光貴
撮影
福田衡陽
テーマ音楽
マサ子さん
録音
杉山篤
照明
小沢雅之
編集
金子尚樹
助監督
工藤義洋
スチール
阿部美奈子

キャスト

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 うずまきにっぽん
上映時間 82分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi