もののけ姫のレビュー・感想・評価

メニュー

もののけ姫

劇場公開日 1997年7月12日
47件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

自然と生きる 人間と生きる

今日で入院生活丸1週間。
つまり、何も見れてない…。ちょうどレンタルでも『我は神なり』『ドリーム』『ガンダム・ORIGIN』、劇場でもいささか評判イマイチのようだが『マンハント』など、見たいのが出始めた時だったので、ショックは尚更…。一体いつ見れる事やら…(>_<)
また、私事だが、レビュー累計2000本到達間近にして、レビューがいつ再開出来るのか分からずストップしたままなのも悔しい!
…って事で、暫く過去に見た作品の思い出しレビューを。
自分がレビューを書く際のポリシーとして、絶対見てすぐ書く。その時思った事、感じた事を、後々読み直して駄文に感じても、大事にしてるからだ。
なので、過去作品で何度も何度も見て、見なくてもレビュー書けるくらいメッチャ好き!…っていうのも、実はほとんど書いた事無い。(書いた事あるとすれば、ゴジラシリーズかな…??)
自分の記憶力のみが頼りなので、作品によって、長文になったり、概要だけになったり、簡易レビューになったりするかもしれませんが、ご容赦を(>_<)
さて、プレイバック! まずは…

思い出しレビュー1本目。
『もののけ姫』

言わずと知れた宮崎駿を興行100億円超えの国民的スーパーヒットメーカーへと押し上げた1997年の作品。
明らかにこの作品以前と以降で世間の宮崎に対する視線も変わり、線引きされる印象になった、色んな意味で記念碑的作品。
本作や本作以降の宮崎映画はクソだとまで言われてるようだが、自分はこの作品が大好きだ!
構想・製作にたっぷり時間をかけただけあって、ダイナミックなアクション、高らかなヒューマニズム、深遠なテーマなどなど、宮崎の魂がひしひしと感じ伝わってくる。
なかなかハードでシリアスなのに当時の興行記録を塗り替えたんだから、驚き! 客に媚びなくても、監督が訴えたいもの、作りたいものを心血込めれば、客にも絶対伝わる代表例だ。

OPのタタリ神襲撃シーンから引き込まれる!
旅立つアシタカ。久石譲の雄大な音楽が素晴らしい。
屋久島がモデルである神秘的なシシ神の森。
そして、女たちが力強いタタラ場。

真っ直ぐで真面目な主人公、アシタカは、作品の世界にぴったり合っている。
サンの凛とした美しさ。
人間側のキャラ描写も深い。
何と言っても、エボシ。タタラ場を仕切る女ボス。物語の展開上敵役のイメージで、自然を殺す人間の象徴そのものだが、一方で疫病にかかった者を自らの手で手厚く看護する。
人の一筋縄ではいかない善悪を体現。
中盤、サンとの一騎討ちのシーンも何と様になっている事か!
勿論、田中裕子の声の演技が素晴らしい。
卑しい人間キャラは、ジコ坊だろう。シシ神の首を狙う張本人。他人を利用したり、騙したり、クライマックスのあんな場面でもシシ神の首を諦めないもはや執念! キャラ的にコミカルなので、何故か憎めない…。我々人のあさましさを最も表しているからか…?

自然を守る獣神たちの偉容。
モロ! 美輪明宏のあの声のあの台詞こそ本作一番の興奮!「黙れ、小僧!」
エボシの首を狙っており、首だけになっても動く最期は凄まじい!
サンを愛しており、彼女への眼差し、語りかけは優しい。
本当に本作は、“女性”や“母”が強く描かれている。
それに対するような、荒々しい乙事主たち。
そして、シシ神…。

クライマックスはシシ神が落とされた首を求め暴走するが、一定の着地となる。
自分のリア友に言わせると、ここが嫌いなんだそうな。
何も解決してないじゃん。一方が一方を殺して、それで終わりでいいじゃん。
いや、それは幾ら何でも…。
テーマは、自然と人間の共存。永遠の課題。
それに簡単な決着などあるものか。
あの終わり方もいいと思うし、自然と人間は何度もぶつかり合いながら、歩み寄り、今も共存の道を探し続けている。

近大
近大さん / 2018年2月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画館で何回か観た好きな作品です。 森の為に闘うサンはかっこよく見...

映画館で何回か観た好きな作品です。
森の為に闘うサンはかっこよく見えました。

へまち
へまちさん / 2018年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中眠たくなった

20代後半だが、今まで1度ももののけ姫を観た事がなかった。
ジブリ映画をあまり観てないというのもあって。

今更観たのも、友達とDVD鑑賞会をしたから。
自発的に観る事はなかったと思う。

感想は普通。
ちょっと眠たくなる事もあり、退屈してたというのが正直な所。

人間と自然の共存をテーマにしたという部分で目新しさはないけど、公開当時は斬新だったのかも。

トトロの方が好き。

タカ
タカさん / 2017年10月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリだいすき

絵、音楽すべてに感動!

ぴーこ
ぴーこさん / 2017年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい作品です。

ジブリにして攻撃的なアニメーション映画となり
細部まで作り込まれた最高の作品だと思います。
私も終始、あらゆる意味で感動を余儀なくされました。

kikki_tk
kikki_tkさん / 2017年8月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アカデミーでいいんじゃないですか??

アカデミー賞はこっちの方がいいんじゃないでしょうか??

いつもの宮崎映画じゃないのがいいです。
いつもの宮崎映画も好きですが・・・。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年8月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「生きろ!」か……

子供の頃、初めて映画館でこの作品を観た後、「映画の意味わかった?」と母親に聞かれて「何が?」と応ると、「わからんの!?」と馬鹿にされたのを覚えています。「受け取り方なんて人それぞれやんけ!」と今でも思います。
大人になって改めて観た時に印象は変わりましたが、子供の頃は言葉に喩えるなら「畏怖」を感じて観ていたように思います。
大人になってからは「共に生きる」というか、「生きろ!」と予告編か何かで言ってたので、そういったメッセージも含まれているのかなぁとも感じました。

同じく「生きる」といっても「ホーホケキョ となりの山田くん」(ジブリ作品)のような「生きる」もある(本作のアンチテーゼにもなっていると思います)ので、それと比較しながら観るのもおもしろいかと思います。

ジブリ作品は、一度見るとなんだか目が離せなくなります。

ちあき
ちあきさん / 2017年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

共生とは

小さい頃に観た時は、「イノシシがひき肉みたい」「なんかすごい」くらいにしか思わなかったけど、今観ると全く違う印象。
自然は守るべきだけど、人間が悪いとは一概に言えない気がして。どっちが悪いとか、そういう話ではないんだと思った。共生していく道はないのか・・・と終始考えてもんもんとしている。これは自分の高校倫理の先生が好きな映画と言うのも納得。
あと一つ。アシタカかっこいい笑

Megumi
Megumiさん / 2017年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すばらしい作品なんだとは思う

やはり、ガチファンタジーはまだわたしには早いみたい…(もしくはもう遅いのか……)
この、犬が喋ったりするのがね、それを人間が自然に受け入れていたりするのがね、比喩表現というか創作特有の暗喩なのはとてもよく分かるんですけど、難しいんですよ私には…
でもこういうストレートさ、テーマの難解さや重さに関わらず誰もに理解できる平易な表現方法を利用するとこほが、老若男女誰からも愛されるジブリ作品の良いところだっていうことはとてもよく理解できるので、まあ私の感受性想像力がまだ稚拙だっていうだけなんですよね、要するに

もののけ姫よりはナウシカの方がジブリらしい品格があって良いなあと思いました。どちらも同じ評価にしたけど

の
さん / 2017年2月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ナウシカと比べて

ナウシカのレビューでも書きましたが、同じ環境問題や自然との共存をテーマにした作品として、両者を比べてしまいます。

最大の違いはクシャナ姫とエボシ御前。
クシャナ姫は極悪キャラで「オームぶっ殺せ」的な感じなんですが、エボシ御前は基本立派な人で、村を住みやすくするための一つの手段として山を焼くことを選択しています。(ダークサイドに堕ちてる感はありますが)

現代の我々に課せられた問題として、もののけ姫の方がすんなり入れました。
ナウシカは作品としては、現代の我々のせいでこんな悲しい未来になっちゃったよー、と説教されてる感じですね。

ジンクス
ジンクスさん / 2017年1月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きるとは

それぞれの形はどうであれ生きるということについて考えさせられる作品だったし、各キャラの思いがしっかりと描かれてるところ、それぞれにとっての正義があるというところに見入ってしまいました。

まるまつ
まるまつさん / 2016年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄いストーリーと映像 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

森とシシ神をめぐる、もののけ姫サンとエボシの戦いに、祟り神の呪いを背負ったアシタカが絡んで、単純な正義と悪の構図にしない複雑なストーリーとなっている。映像もストーリーに負けない程力強い。凄い世界観。

トタ助
トタ助さん / 2016年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きろ

森と人間の対立。
人間に捨てられ、人間を恨むことで生きてきたもののけ姫サンの苦悩。自然と人間の共存を望み、戦う青年アシタカ。人間を憎みながらも、我が子同然にもののけ姫を育てる中で葛藤する犬神。

この映画には解決が困難な問題を抱え、苦しみながら生きているキャラクターが沢山出て来る。

ハンセン病患者が、「エボシ様は私達を人間として扱ってくれた、だから殺さないでくれ。」とうずくまりながら語るシーンがあり、これは見ていてかなり辛い現実を感じる。正に解決困難で迫害に会いながらも、ただ1人優しくしてくれた人がいてくれることに心から感謝している。

程度は異なれどみな辛い現実を抱え生きる中、「生きろ、それでも生きろ。」というメッセージを強く感じた。

全てを受け入れ、人間や生まれ持った体調を憎み、苦しみ、もがき続ける人生であっても、生きて欲しい。
そう強く言われた気がした映画だった。

アシタカが犬神に放った「サンを救えるかはわからない、だが共に生きることは出来る。」
この言葉の力強さと温かさ、何があっても相手に何も出来なくても、そんな自分を受け入れ共に生きる。

現実のむごさと温かさを感じるお話でした。

かえる代理人
かえる代理人さん / 2016年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自分が生まれた年の翌年の映画
幼い頃はよく観ていたけど、全然話は理解してなかったんだなあと最近観ていると、強く感じる

映画のキャッチコピーは「生きろ。」だか
ボツになってしまったキャッチコピーがたくさんある

「おそろしいか。愛しいか。」
「おまえには、オレがいる。」
「惚れたぞ。」
「ひたむきとけなげのスペクタクル。」
「だいじなものは、ありますか。」
「昔々は、今の今。」
「おまえは、まぶしい。」
「死ぬのと、生きるの、どっちが好きだ。」
「それでもいい。私と共に生きてくれ。」
「あなたは 何を守る!?」
「なぜ、俺は生まれてきた。」
「暴と愛の嵐」
「人間がいなきゃよかったのか」
「わからなくっても、生きろ!」

などがあった

サンを見ていると、なんだか儚く思えて、美しくて悲しい
モロの生贄として人間に捧げられ、人間にもなれない、山犬にもなりきれない、言えば、宙ぶらりんのような状態

彼女の前にアシタカが現れ、肯定される
人間だって、生きろ、美しいって

タタラ場に奇襲をした時のサンはすごくかっこよかった、不気味な土面を付けていて

額と頬にある赤いものは、山犬の血だとも言われといるし、刺青だとも言われている
サンの決して流す事のない涙を表現しているんだとか

首飾りから土面、毛皮、刺青などは
山犬に少しでも近づこう、昔からの風習であるとか

一つ気付いた事があって、サンの毛皮に尻尾がある
でもタタラ場に奇襲をした時アシタカに抱えられる前になくなっている、
どのタイミングでなくなったんだろう

モロはサンの事を本当に本当に愛している事が伝わってくる
アシタカに鎌を掛けるような発言をしているけど、彼がサンを本当に救えるのではないか、彼となら、と考えていたんだと思う

アシタカの誠意や真っ直ぐな思い、モロにも伝わって
乙事主からサンを助ける時に「お前にサンを救えるか」と言った、モロは安心したんじゃないかな

乙事主のセリフで
一族は皆小さく、馬鹿になりつつある、
このままでは肉として人間に狩られてしまう、
一族が滅びようとも人間に思い知らせてやる、

例え一頭になろうとも、走りをやめない
イノシシたちの誇りが虚しかった

海外のインタビューで、
「ジコ坊はとても印象的でユニークな登場人物ですね」と質問をした時に、宮崎駿さんが「あれは多くの日本人です」と話をしていました
なんだか、それが痛いほどわかった気がした

エボシ、タタラ場を作り上げた女性
売られている女を見ると放っておけないが、男性に対しては冷たい
ハンセン患者を差別したりせず、人間としと扱ってくれる唯一の存在、慕われている

初期ではエボシはモロに殺されて死ぬという設定だったが、宮崎さんはエボシを気に入っており、やっぱり殺すことは出来ないという事になり、山犬の背で運ばれ助かる

山犬たちはどんな気持ちで憎んでいるエボシを運んで助けたんだろうか、考えるだけで気分が沈む

ハッピーエンドだとは思えなくて、
サンはやはり山犬としての誇りを持ち続け、森で暮らす
アシタカはタタラ場に残り、ヤックルに乗って会いに行く約束をする

プロポーズとも言えるアシタカの発言だが
気になって調べてみると、宮崎駿監督の後のインタビューで"二人はしょっちゅう会っている"と話している

アシタカはタタラ場とサンの間に板挟みになって、ボロボロに引き裂かれるが、彼は双方がどうしたら共に生きていけるかを考え、めげずに生きていく
彼の生き方は、現代人にも共通する事があると、

アシタカやサンを見ていると、生きるという事が
切ない、困難なもののように感じる

それでも彼らは決して生きる事をやめない
それぞれ誇りや思いがある、
彼らみたいに強く生きれたらと思う、

かす
かすさん / 2016年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい村は女が元気だと

大博覧会の余韻で一番好きなこれを再生した。97年の映画でこれだけのことをやっていたんだと、改めてその凄さを理解した。

もへじ
もへじさん / 2016年9月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

米良美一の顔が浮かんできて、見たいのに見られなかった「もののけ姫」...

米良美一の顔が浮かんできて、見たいのに見られなかった「もののけ姫」、遅まきながらようやく。

圧倒的なスケール、神と人間という荘厳なテーマ、素晴らしい作品でした。簡単とは言えないストーリーながら、ぐいぐいと見るものを引き込みます。人は神秘的なものに惹かれるんですね、森に入って木霊が見たい!そういやそんな写真が一時ネットで流行りましたね。なるほどようやく納得、実感出来ました。

今までどうして見なかったのか後悔。それもこれも米良美一のせい(笑)今回、エンディング主題歌を聴いても怖れてた彼(彼女?)が浮かばず、一安心でした。

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリ美術館の予習

これまで何故かジブリと
触れ合う機会がなかった。
ディズニーも触れて来なかった。
そんな私。
何故なのか、観ようという気持ちに
ならなかった。
観た後の今となっては
それがわからない。
とりあえず、こんなにすごい作品を
なぜ、私は今まで観なかったのか!!!
それくらい、圧倒された。
映画館で観たらもっと凄いだろう。
独特すぎる世界観。
これが、ジブリの世界観なのか。
私も「生きろ、そなたは美しい」と言われたい。

タテスジコ
タテスジコさん / 2016年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリ作品で一番好き♥

大好きな『もののけ姫』地上波放送で久しぶりに観ました。
2時間を超える長めの映画ですが、飽きることなく最後まで
引き込まれる内容です。

人間と自然の共生の道はないのか。。。という宮﨑駿らしい映画ですが違った視点から見るのも面白いです。

アシタカが村を出る時に婚約者であるカヤから貰ったネックレスを、サンにあげるシーンがあります。私は女性だから・・酷い男ww って思ってしまったのですが
気になって調べてみると面白い事に気付くのであります。

この物語出てくるアシタカやサン、カヤも・・
古事記や日本書紀に出てくる神をモデルにされているという事。
島根県の熊野大社とその周囲の祭神がモデルで
アシタカ・・・阿遅志貴高日子根神
カヤ・・・・下照姫
サン・・・・天御梶日女

この物語は遥か太古の日本が舞台な訳ですから・・神話のお話と重ねて見ると面白いものがありました。
この3人の三角関係も物語ではちょっと注目なのでありますww
結局誰も結ばれないという・・・悲しい恋物語でもあると思います。

動物の動きも、良いですよね~。
ヤックルめちゃんこ可愛いです♥(*^_^*)

えみR
えみRさん / 2016年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イマイチ入り込めなかった

入り込めなかった理由は、やはり吹き替えの所為だと思う。
内容も、なんだかこじつけのように感じてしまって、アニメの世界の限界を感じた。

kazuyo
kazuyoさん / 2016年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自然と人間との共生とは?

シン・ゴジラがこの作品のアンチテーゼになっていると聞きみましたが確かにそうかなと思いました。なんと劇中で発せられる言葉がありびっくり。絶対に悪いという人間が登場しないところも大きなところ。人間対人間の世界で理想郷をつくっている村は自然を破壊することしか、生産の道はない。そんな人間たちに自然界の神が憤怒し対決していく。アシタカはどちらにも協力し、共生の道を探っていくのです。
「神より怖いのは人間」であること。本当にそう思うんだよな。

よし
よしさん / 2016年8月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

47件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi