「馬が主人公のスポ魂映画(笑)」オーシャン・オブ・ファイヤー としぱぱさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

オーシャン・オブ・ファイヤー

劇場公開日 2004年4月17日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

馬が主人公のスポ魂映画(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ビゴ・モーテンセン演じる主人公が愛場ヒャダルコと共に
アラビアの砂漠横断レースに望む冒険活劇。

アクションあり、悲劇あり、ロマンスあり、はらはらどきどきの
スリルありの大作ではあるのですが、なんかね、ストーリー盛り過ぎ
なんですよね。

まず、主人公はインディアンと白人のハーフで生まれて
インディアンからは「青い子」と呼ばれている設定ですが
まあどう見てもインディアンの血は入っていない純白人。

そのインディアンを助ける為に賞金レースに出るのですが
カウボーイと呼ばれるビゴ・モーテンセンが砂漠横断レース
にでるって背景に?を感じます。
居住地問題のインディアン物語からいきなり、アラビアのローレンスになる感じです。

レース途にも関わらず、のんびりしてる襲撃してきた悪党を
やっつける、どたばたアクションも、やっぱりカウボーイと
アラビア世界の絵は違和感を感じる。

んでラストシーンはもう、馬も鼻から血だしてばったり
倒れるし、主人公も蜃気楼でもうへろへろ状態で馬を
楽にさせる為に銃を構える寸前まで追い込まれるんですが
おいおい、急に生き返って、圧倒的な追い込みで
見事勝利って・・。
脚本無茶苦茶だなぁって思いますね。

まあ、ビゴ・モーテンセンの渋い演技が救いです。

としぱぱ
さん / 2012年8月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi