こわれゆく女のレビュー・感想・評価

メニュー

こわれゆく女

劇場公開日 2012年5月26日
6件を表示 映画レビューを書く

こんなせつない映画はない

愛があるのにそれが届かない。
それでも日常に帰結していく中で愛を見つける。
せつなく、悲しく、愛に満ちた映画だと思った。

ドラゴンミズホ
ドラゴンミズホさん / 2017年9月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦の寝室

 精神病で入院する妻ばかりでなく、夫もかなり壊れている。
 この夫婦のコミュニケーションの難しさは、子供たちを含めた第三者がそこへ入り込む時に顕著となる。
 かかりつけの医師を自宅に呼ぶことで、ジーナ・ローランズが次第におかしくなっていくところなど、早く夫婦だけにしてやりたい気持ちで、こちらの心がヒリヒリしてくる。この夜は、ラストのシーンを除けば、この二人が水入らずになれた、ほとんど唯一の瞬間だったはずだ。
 二人にとっては、これほどまでに二人きりの時間を持つことが難しい。この状況を映画の中で、物理的に規定しているのが、この家の夫婦の「寝室」である。
 まず、夫婦の専用の寝室が存在しない。
 彼らは食堂兼用の部屋を、来客用のテーブルを片付けて、折り畳まれたベッドを展開することによって二人の寝室とする。
 家族だけの食事スペースはすぐ隣にあるのだか、来客があれば少々開閉にコツが必要な扉をスライドさせて広い空間を作り出すことができる。
 皮肉にも、その寝室兼客間から家族用ダイニングに入ると見えるのが、「private 」と印された扉である。この奥に台所があり、この家の主婦の固有空間がキッチンであることが示されている。
 この扉の印は非常に重要なアイコンとして機能する。
 行きずりの男を家に連れ込むも、その男が翌朝見ることになるのもこの扉のサインになる。
 最もプライバシーに関わるはずのベッドインが、プライベート空間の外で行われていた。この事実だけでも、彼女の言動以前に奇妙な気分になってしまう。
 夫婦の寝室と、彼らの性的関係の不可能性について言及した作品として、我々は森田芳光「家族ゲーム」を知っている。
 この二作品ともに家の間取りに強く興味が湧く。もう一度観なおして、二つの家の図を書いてみるのも面白そうだ。

よしただ
よしたださん / 2017年4月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは芝居なのか

どんどんこわれてゆく女
凄まじいジーナローランズの演技
狂気さえ感じる
それを支える夫を演じる
ピーターフォークの包容力

元々は舞台の予定だったそうだが
緊迫感がより高まりそうで
舞台も見てみたかった

JYARI
JYARIさん / 2015年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ん?

見てて奥さんが変なのか旦那さんが変なのか途中悩んだ。パニック障害にも見えるしダンナの異常な愛も怖いし。結局愛し合ってるんだよな~子供のママを守る姿にも助けられた家族のあり方。なのかも。。

愛純
愛純さん / 2015年10月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カサヴェテスの名作

苦しくてたまらない一本だった。

ルイス・トマスの「人間というこわれやすい種」という本がある。
人間というものはこわれやすい生物だ、だから尊いんだ、という意味だ。そして、ヒトの本性の深いところにある特徴は、誰かの役に立ちたいという衝動だそうだ。

「人間はこわれやすい」ということと「人間は自分以外の何かの役にたちたい」ということは繋がっている。

メイベルの中心にひそむ矛盾、葛藤、弱点は、人間の本質なのかもしれない。

ブルーカラーのピーターフォーク。男臭がして色気があった。
「かけがえのないもの」と向き合ったとき、どう育んでいくのかを考えさせられた。我々の永遠のテーマが、どこにでもある家庭の中に描かれていた。

Raspberry
Raspberryさん / 2015年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが夫婦、なにはともあれ

一家の主婦がこわれていく様と巻き込まれる家族が、独特の生々しさで描かれています。
ジョン・カサベテス監督、1975年の作品です。

主演は、監督の奥さんでもあるジーナ・ローランズとピーター・フォーク。刑事コロンボのピーター・フォークも大好きですが、盟友ジョン・カサベテス監督作の彼は、またひと味違うって感じでした。

話がどんどん進むわけでもなく、ちょっとかったるい感じですが、ジーナ・ローランズの狂気の演技は凄味があります。
愛情はあるのに上手く回っていかない夫婦の焦燥感や、落ち着かないバツの悪い空気感がとても生々しいです。

終盤は緊迫し、とても印象的でした。これが家族、これが夫婦。
ラストの二人の表情はずっと忘れないだろうと思います。

グッドラック
グッドラックさん / 2012年8月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi