米司法省、米ディズニーによる21世紀フォックス買収を承認 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月28日 > 米司法省、米ディズニーによる21世紀フォックス買収を承認
メニュー

米司法省、米ディズニーによる21世紀フォックス買収を承認

2018年6月28日 14:30

米司法省がおおむね承認

米司法省がおおむね承認
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米司法省がウォルト・ディズニーによる21世紀フォックスの買収を承認したと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

ディズニーは、競合企業である21世紀フォックスの映画やテレビなどの主要事業を買収することで合意。対象となるのは、フォックス傘下で映画製作を手がける20世紀フォックス、テレビ番組制作を行う20世紀フォックステレビジョン、およびフォックス21テレビジョンスタジオ、FXやナショナル・ジオグラフィックといったケーブル放送事業、アメリカ国外の放送事業など。当初の買収額は約524億ドルだったが、対抗馬の米メディア大手コムキャストが650億ドルを提示したため、ディズニーは買収額を713億ドルに引き上げていた。

米司法省はこのほど、ディズニーによる買収を大筋で承認。ただし、ディズニーは米スポーツ専門局ESPNを抱えているため、独占を避けるためにフォックスが持つ地方のスポーツ局を売却する条件が課せられた。

なお、ディズニーに売却されなかったフォックス・ニュース・チャンネルをはじめとする21世紀フォックスの資産は、New Foxと呼ばれることになるという。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi