ウッディ・アレン新作にエル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ティモシー・シャラメット

2017年8月14日 11:00

若手3人の起用が決定
若手3人の起用が決定

[映画.com ニュース] 新作「Wonder Wheel(原題)」を撮り終えたウッディ・アレン監督が、米アマゾン・スタジオと組む次回作に3人の若手キャストを起用した。米Deadlineによれば、人気女優のエル・ファニングセレーナ・ゴメスティモシー・シャラメットが出演する。

シャラメットは、アーミー・ハマーとW主演した新作「Call Me by Your Name(原題)」でハマー演じる男性と恋に落ちる青年役を演じ、サンダンス映画祭で高く評価された。また、グレタ・ガーウィグが初メガホンをとった新作「Lady Bird(原題)」や、スティーブ・カレルと親子役を演じた新作「Beautiful Boy(原題)」などの新作も控えている注目の若手俳優だ。

アレン監督、アマゾン・スタジオ製作・配給の「Wonder Wheel」は、ケイト・ウィンスレットのほか、ジャスティン・ティンバーレイクジュノー・テンプルジェームズ・ベルーシが共演している。1950年代の米ニューヨーク・コニーアイランドを舞台にしたドラマで、10月にニューヨーク映画祭でクロージング上映された後、12月1日から公開の予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース