「AKB48」多田愛佳、エンピツ削りで指を削る罰ゲームがお気に入り

2012年4月22日 16:30

ドSぶりを発揮した多田愛佳
ドSぶりを発揮した多田愛佳

[映画.com ニュース] AKB48の多田愛佳の初主演映画「×ゲーム2」の封切を記念し4月22日、都内の劇場で舞台挨拶が行われ、多田と共演のユキリョウイチ、山田雅史監督が登壇した。

若者に絶大な人気を誇る作家、山田悠介の人気小説を実写化した「×ゲーム」に続く第2弾。学校と思しき場所に集められた女子高生たちが、罰ゲーム付きの課題に強制的に参加させられるさまを描く。

多田は「最初はプレッシャーもありましたが、監督や共演者のみなさんとチームワークもできて楽しく撮影できました。ちょっと自信作かなと思います!」と胸を張る。映画についてAKB48の他のメンバーには「あまり言っていない」そうだが、「前作に出演していたはるごん(仲村遥香)とあやりん(菊地あやか)からはエールをもらいました。自信がついたら(メンバーに)見せようかと思います」と語った。

山田監督は「(前作で)ほとんどの罰ゲームが出ているので、どんな罰ゲームをするかを考えるのにものすごく時間がかかった」と振り返るが、多田のお気に入りの罰ゲームは「エンピツ削りで指をゴリゴリやる(エンピツの代わりに指を削る)のが好きです!」と笑顔で即答。さらに、AKBのメンバーの罰ゲームを与えるなら? と問われると、チームBの小森美果の名を挙げ「最近、しょうもないウソをついてくるので。痛がってるところを見てみたいです」とドSぶりを垣間見させた。

そんな多田を、山田監督は「つかみどころがないです。目がお人形さんのように透き通っていて、奥に何かあるんじゃないかと思わせる。お人形さんってかわいいけど、何を考えているか分からないところある。そういうところもこの映画にハマっていた」と分析。一方の多田は、「監督はハッキリ言ってガンコオヤジって感じですが、現場でイチゴのキャンディをいくつかキープしていたりして、かわいい人だなと思いました」と監督の意外な一面を明かし笑いを誘っていた。

(映画.com速報)

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは...[DVD]

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは...[DVD]

最安価格: ¥3,859

AKB48のドキュメンタリー映画第2弾!
×ゲーム[DVD]

×ゲーム[DVD]

最安価格: ¥1,100

山田悠介原作の凄惨ないじめの復讐劇を描いたサスペンスホラー小説「×ゲーム」を原作とは異なる展開、衝撃のラストで映画化。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com