佐藤寛太“プロポーズ”時に「ハンバーガー食べました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月25日 > 佐藤寛太“プロポーズ”時に「ハンバーガー食べました」
メニュー

佐藤寛太“プロポーズ”時に「ハンバーガー食べました」

2017年11月25日 12:55

舞台挨拶を盛り上げた佐藤寛太「イタズラなKiss THE MOVIE3 プロポーズ編」

舞台挨拶を盛り上げた佐藤寛太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気少女漫画を映画化したシリーズの完結編「イタズラなKiss THE MOVIE3 プロポーズ編」が11月25日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で公開され、主演を務めた佐藤寛太(劇団EXILE)と美沙玲奈、メガホンをとった溝口稔監督が舞台挨拶を行った。

完結編となる今作は、入江直樹の婚約者が出現。相原琴子の恋は絶体絶命のピンチを迎え、史上最大のプロポーズ合戦が展開される。「撮影時、主演2人で相談したこと」を問われた佐藤は「ないです」と即答し、美沙も「新鮮さを大切にしていたかも」と同調する。現場ではリラックスしていたそうで、佐藤は「プロポーズのシーンは、ハンバーガーを夜食で食べました。だから、そんなに話し合ったというわけでは」と明かし、場内を驚かせた。

一方の溝口監督は、雨のシーンについて触れ「原作のなかで1番人気のシーンなので、力が入りましたね。ロケ地はどこを探そうかとか」と告白。「特に大変だったのは、夜の雨のシーン。撮影をはじめたのが夜中の12時をまわったくらい。雨がジャージャー降るなかで2人がね」と、キャストの負担も大きかったことを明かした。

佐藤は「そうでしたね」と大きく頷き、「4時くらいまでいきませんでした? 帰りは(空が)明るくなっていませんでした? すごく長く撮った覚えがあります」と朝方まで行われたという撮影を振り返る。美沙も、「あの日多分、テストやリハーサルを含めたら、8時半くらいからずっと濡れ続けていた記憶が。まず私から濡れ続け(笑)」と語った。

またシリーズが完結を迎えたことに対して、佐藤は「(今作の)撮影は『2』と一緒にやっていたのですが、やっと公開を迎えられて本当に感謝。ひたすら感謝です」と客席に呼びかける。美沙は、「本当にあっという間だなと思いつつ、とうとうこの日がきたなという気持ちですね」とニッコリ。溝口監督は、「第1作の脚本を書き始めたのが2015年の頭だったので、まるまる3年。映画本編3本、番外編のドラマ5本ということで、合計8本の監督と脚本をやらせていただいた。感慨もひとしおでございます」と熱弁をふるった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi