“熱帯のアトリエ”での愛と苦悩の日々に迫る「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月14日 > “熱帯のアトリエ”での愛と苦悩の日々に迫る「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」予告
メニュー

“熱帯のアトリエ”での愛と苦悩の日々に迫る「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」予告

2017年11月14日 11:00

バンサン・カッセルが“芸術家の狂気”体現「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」

バンサン・カッセルが“芸術家の狂気”体現
(C)MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスを代表する画家ポール・ゴーギャンの知られざる創作の秘密と愛の悲劇を、バンサン・カッセル主演で描いた映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」の予告編を、映画.comが先行入手した。

ゴッホ、セザンヌらと並ぶ後期印象派の一人として知られるゴーギャン。生誕170周年を記念して製作された本作は、1891年にフランス領ポリネシアのタヒチに出帆したゴーギャンの、その後の人生と作品スタイルに多大な影響を与えた、“熱帯のアトリエ”での愛と苦悩の日々に迫る。ゴーギャンが最初にタヒチに滞在した1891年6月~1893年7月までの史実に虚構を織り交ぜながら、「アハ・オエ・フェイイ?」「イア・オラナ・マリア(マリア礼賛)」「メランコリー」「マナオ・トゥパパウ(死霊は見守る、死霊が見ている)」など、タヒチ時代の代表作の誕生秘話を描き出す。

予告編は、生活に困窮し、最愛の妻と娘と別れたゴーギャンが、わずかな資金を手にタヒチを訪れる。現地で出会った美しい娘テフラと結婚し、彼女をモデルに創作活動を続けるが、すぐに資金難に。楽園のような生活は終わり、テフラの心も離れていく。ゴーギャン役のカッセルは、近代文明を捨て、寿命をすり減らしながら絵を描く“芸術家の狂気”を、鬼気迫る演技で体現している。

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」は、18年1月27日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi