平野紫耀、主演作「ういらぶ。」で“こじらせイケメン”に!桜井日奈子とピュアな恋 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月21日 > 平野紫耀、主演作「ういらぶ。」で“こじらせイケメン”に!桜井日奈子とピュアな恋
メニュー

平野紫耀、主演作「ういらぶ。」で“こじらせイケメン”に!桜井日奈子とピュアな恋

2017年10月21日 05:00

共演は玉城ティナ、磯村勇斗、健太郎「honey」

共演は玉城ティナ、磯村勇斗、健太郎
(C)2018 「ういらぶ。」製作委員会
(C)星森ゆきも/小学館
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 星森ゆきも氏の人気漫画「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」が、関西ジャニーズJr.の一員で「Mr.KING」のメンバーである平野紫耀の主演で、実写映画化されることが決定した。平野は、5月に「honey」で映画単独初主演を果たすことが発表されたばかり。主演映画2作目となる本作では、好きな女性の前では、素直になれずに毒舌を連発してしまう“こじらせイケメン”役に挑戦する。ヒロインを務めるのは、“岡山の奇跡”と呼ばれ人気を博す桜井日奈子。このほか、玉城ティナ磯村勇斗、健太郎ら若手注目株が結集している。

メガホンをとるのは、「キサラギ」「脳内ポイズンベリー」などを手がけ、新作「累 かさね」が18年公開予定の佐藤祐市監督。累計発行部数100万部を超える人気漫画を原作に、高校生の男女4人と“最強のライバル”が繰り広げる恋模様を描く。同じマンションに住んでいる凛(平野)、優羽(桜井)、暦(玉城)、蛍太(磯村)の4人は、誰もが振り返る美男美女。凛と優羽は両思いだが、好きすぎるあまり素直になれず、暦と蛍太はそんな2人を心配していた。そんなある日、“好きなら好きとはっきり言う男”和真(健太郎)が現れ、2人の恋と4人の友情が思わぬ方向に動きはじめる。

クールでドSにふるまいながらも、内心は優羽にメロメロという“ギャップ萌え男子”を演じる平野は「ギャップにやられる女の子は沢山いると思うので、この差を演じるのは難しいですが頑張ります」と意欲満々。凛と優羽の関係性については、「見ているこちらがもどかしい気持ちになります。なかなか2人が気持ちを素直に伝えられない感じがものすごく伝わってくる」と話し、「この感じを僕達もうまく出して皆さんにキュンキュンしてもらいたいです」とアピールしている。

自分に自信が持てない美少女・優羽に扮する桜井は、「お互いを一途に思っているのになぜかうまくいかない、もどかしさ、初々しさを大切に表現できたらいいなと思います」と明かす。さらに、平野との共演に対して「まだちゃんとお話ししたことがないのですが、凛と優羽というキャラクターとして、『ういらぶ。』を作る同志として、一緒に頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

凛と優羽を見守る親友2人を演じる玉城と磯村は、「凛と優羽のかけ合いにはキュンキュンしっぱなしでした。『ういらぶ。』の世界観に入れることをとても楽しみに光栄に思っています!」(玉城)、「キャストの中では年長者になりますが、蛍太として、親友の凛をしっかり支え、共演者皆さんの若さを感じながら、一つ一つ丁寧に、フレッシュに演じていきたいと思っています」(磯村)と撮影が待ちきれない様子。最強のライバル・和真役の健太郎は、「この物語にも凛やその仲間たちにも、和真が異分子の様な存在になれたらいいなと思います」と期待を寄せている。

また佐藤監督は、「まさに今をときめくエネルギーに満ちたキャストの皆さんとの化学反応を楽しみながら、やっぱり恋っていいなと微笑ましく思ってもらえるような作品をお届けできるように頑張ります」と述べ、原作者・星森氏は「最高に豪華でフレッシュな役者さまに演じていただけることになり、 今から楽しみで仕方ありません!」とコメントを寄せている。

「ういらぶ。」は、10月末~11月に撮影予定。18年に全国公開される。

(映画.com速報)
キサラギ プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] キサラギ プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,165 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之の5人と古沢良太原作・脚本で贈る、密室エンタテインメント。
脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 優柔不断で恋にも二の足を踏んでしまうアラサー女子の悩める恋愛の行方を、擬人化された5つの思考〈ポジティヴ〉〈ネガティヴ〉〈衝動〉〈記憶〉〈理性〉が繰り広げる脳内会議の混乱ぶりとともにコミカルに描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi