健太郎「バッチバチに気合」入れて暴走族総長を熱演 主演作「デメキン」に手ごたえ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月14日 > 健太郎「バッチバチに気合」入れて暴走族総長を熱演 主演作「デメキン」に手ごたえ
メニュー

健太郎「バッチバチに気合」入れて暴走族総長を熱演 主演作「デメキン」に手ごたえ

2017年10月14日 19:00

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース] 進境著しい若手俳優・健太郎が10月14日、京都国際映画祭2017の特別招待作品としてT・ジョイ京都で上映された長編映画初主演作「デメキン」(12月2日公開)の舞台挨拶に立った。

お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口義高監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で実写映画化。周囲から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。

健太郎はこの日、佐田、主題歌を手がけたカナタタケヒロ(LEGO BIG MORL)、山口監督とともに登壇した。原作はもともと読んでいたそうで、「実写化されるんだ! という驚きとともに、自分が主人公を演じさせていただける事は素直に嬉しかった」とニッコリ。さらに、「これくらい振り切った不良を演じたことはなかった。生半可な気持ちではやれないと思って、バッチバチに気合入れた」と役作りを振り返る。

佐田は、自らの若き日の姿を健太郎が演じたことについて「ストーリーはノンフィクションやけど、主演が男前すぎるという部分だけフィクション」と豪快に笑い飛ばす。そして、「健太郎に初めてお会いしたのは、まだ彼が未成年のとき。『大丈夫? 不良の役、やれる?』と心配したけど、リハーサルから本番への進んでいくなかで『あれれ、こんなヤンキーと道端で肩ぶつかったら謝ってしまうかも』と思ったほど」と懸念が杞憂に終わったことを明かした。

これには山口監督も同調し、「主人公の役は目が重要なポイントだった。佐田さんの目をきちんと表現できなければ無理だと思っていましたが、健太郎の目を見て『こいつしかいない!』と思った。セクシーですよねえ」と語り、健太郎を照れさせた。

なお今作には、ほか山田裕貴岩永ジョーイ高橋里恩田中偉登神永圭佑三村和敬福山翔大柳俊太郎らが出演している。

京都国際映画祭2017は、10月15日まで開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi