「パーフェクト・レボリューション」リリー、水道橋博士の「バカ映画」発言にニンマリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月11日 > 「パーフェクト・レボリューション」リリー、水道橋博士の「バカ映画」発言にニンマリ
メニュー

「パーフェクト・レボリューション」リリー、水道橋博士の「バカ映画」発言にニンマリ

2017年10月11日 15:30

リリー・フランキーとは長年の友人「パーフェクト・レボリューション」

リリー・フランキーとは長年の友人
[拡大画像]

[映画.com ニュース]実話を基に、ハンディキャップを持つ男女の恋愛を描いた「パーフェクト・レボリューション」(公開中)の公開記念トークイベントが10月11日に都内で行われ、主演を務めるリリー・フランキーが、親交が深いお笑いタレントの水道橋博士浅草キッド)と共に本作の魅力を語った。

障がい者の性への理解を訴え続ける活動家、“クマ”こと熊篠慶彦氏の実体験をもとにしたラブストーリー。脳性マヒを抱え、手足を思うように動かせず車椅子生活を送るクマ(リリー)と、心に問題を抱えた風俗嬢のミツ(清野菜名)が恋に落ち、周囲の反対をものともせず、幸せをつかむことで「完璧な革命」を成し遂げようとする。

長年の付き合いから、リリーが「博士、こういう映画は嫌いだと思っていた」と明かすと、博士は「いや、結構なバカ映画(笑)。普通だったら、ドキュメンタリーにすればいいのに、でもエンタメ作品にしてもいいんじゃないかという選択肢を提示している」と独特の言い回しで絶賛。

さらに「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」「テルマ&ルイーズ」といった名作を挙げ、「普通に青春映画の砕け散っている感じがするし、決してパーフェクトにはいかない生活や人生の壊し方とか、あこがれる部分もある」と話していた。

リリーも“バカ映画”に「あっ、そこを褒めてくれるんだ。ありがたい」とニンマリ。「障がい者の恋愛感情や性的欲求が認められないのは、日本らしいつつましさの裏側にある変な因習があると思う。こういう映画を不謹慎って言う人もいるけど、そっちのほうが不謹慎」と力説し、「深刻になり過ぎて、真実が見えなくなることも」と締めくくった。イベントには熊篠氏も駆けつけ、車いすに設置した映画のポスターを披露し、PRに一役買っていた。

(映画.com速報)
ベティ・ブルー/愛と激情の日々 HDリマスター版 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ベティ・ブルー/愛と激情の日々 HDリマスター版 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 「ディーバ」のジャン=ジャック・ベネックス監督が、1組のカップルがたどる衝撃的な愛の行方を鮮烈な映像で描き、本国フランスのみならず世界中に熱狂的ファンを生み出した名作ラブストーリー。
テルマ&ルイーズ[Blu-ray/ブルーレイ] テルマ&ルイーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 平凡な主婦“テルマ”とウエイトレスの“ルイーズ”の逃避行を描いた、リドリー・スコット監督が放つロードムービー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi