Netflix版「あいのり」主題歌は井上苑子&「いきものがかり」水野良樹の初タッグ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月5日 > Netflix版「あいのり」主題歌は井上苑子&「いきものがかり」水野良樹の初タッグ!
メニュー

Netflix版「あいのり」主題歌は井上苑子&「いきものがかり」水野良樹の初タッグ!

2017年10月5日 10:00

主題歌「せかいでいちばん」を書き下ろし!「オードリー」

主題歌「せかいでいちばん」を書き下ろし!
(C)フジテレビ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オンラインストリーミングサービス「Netflix」で復活する恋愛観察バラエティ「あいのり Asian Journey」の主題歌を、19歳のシンガーソングライター・井上苑子と「いきものがかり」の水野良樹が初タッグを組んで手がけていることがわかった。井上が歌、水野が作詞・作曲を担当したラブソング「せかいでいちばん」が番組を彩る。

1999~2009年にフジテレビ系ほかで放送された「あいのり」は、男性4人、女性3人の計7人が「ラブワゴン」というピンク色のワゴン車に乗り、世界各国を旅しながら真実の愛を探す姿をとらえたドキュメンタリーバラエティ。44組のカップルが誕生、うち8組が結婚した恋愛模様が人気を博し、I WiSHの「明日への扉」など歴代の主題歌もヒットを飛ばした。

制作サイドの「新しい『あいのり』にふさわしい楽曲を、すでに世の中に存在している楽曲ではなく、作品の内容と世界観を理解していただきながら、ゼロから制作を依頼したい」という思いから、数々のヒット曲を生み出した水野と、17歳でのメジャーデビュー以後、同世代を中心に多くの共感を集めている井上に白羽の矢が立った。水野は「番組の中の恋にまつわるいろんなシーンで、視聴者の皆さんが自分の恋を当てはめてみたり、その出演者を応援してみたりする。その気持ちに繋がるような、繊細なメロディに井上さんの声をのせて、みなさんの思いに繋がれば、と思って作りました」と込めた思いを説明した。


画像2

[拡大画像]

あこがれの水野と念願のタッグを組んだ井上は、「私は小学生のころから、いきものがかりさんの曲を聞いて育ったので、こうやって水野さんが作った曲を私が歌うのは夢のようです」と明かす。そして「私にとって10代最後の大切な曲だし、一生忘れられない特別な1曲です。切なくもあり、キュンとする部分もたくさんあり、自分を重ねられる歌だなって思います。ひとつの恋の歌として誰かを勇気づけたり出来たらいいなと思っています」とコメントを寄せた。

「あいのり Asian Journey」は、MCをベッキーと「オードリー」の若林正恭春日俊彰が務め、10月26日からNetfilxとFODで配信開始。なお主題歌「せかいでいちばん」は、同18日にLINE MUSICで先行配信され、11月1日に井上のシングルとしてリリースされる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi