宮沢りえ“ムーミン役”で12年ぶりに劇場版アニメの吹き替えに挑戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月30日 > 宮沢りえ“ムーミン役”で12年ぶりに劇場版アニメの吹き替えに挑戦!
メニュー

宮沢りえ“ムーミン役”で12年ぶりに劇場版アニメの吹き替えに挑戦!

2017年9月30日 05:00

主人公ムーミントロールに息吹を注ぐ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」

主人公ムーミントロールに息吹を注ぐ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1970年代に製作されたムーミンのパペット(人形)アニメーションの劇場版「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」の日本語吹き替え版キャストが発表され、女優の宮沢りえが主人公・ムーミントロールの声を担当することが決定。宮沢が劇場版アニメで吹き替えに挑戦するのは、川本喜八郎監督作「死者の書」以来12年ぶりとなる。また、声優の森川智之朴ろ美の参加に加え、神田沙也加がナレーションを務めることがわかった。

今作は、78~82年にトーベ・ヤンソン監修の下、テレビシリーズとして製作されたパペット・アニメーションを再編集し、カラー補正などを加えた劇場版。2009年に公開された「劇場版ムーミン パペット・アニメーション ムーミン谷の夏まつり」、15年の「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」に続く、劇場版シリーズ第3弾となり、冬のムーミン谷を舞台に物語が紡がれた。

岸田今日子さん、高山みなみ松たか子といった女優・声優陣によって息吹を注ぎ込まれてきた主人公・ムーミントロール。「ムーミンは子供の頃、絵本やアニメで楽しませていただいてました」という宮沢は、「芸術的な絵の色彩やムーミン谷の世界観にドキドキしましたし、キャラクターそれぞれが本当に生き生きしていて、ムーミンの正義感、勇気、おおらかさ、自由さに、心踊っていましたから、今回声という表現で、参加させていただく事をとても嬉しく思っています」と思いの丈を述べている。


舞台は劇場版初となる“冬のムーミン谷”「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」

舞台は劇場版初となる“冬のムーミン谷”
(C)Filmkompaniet / Animoon
Moomin Characters TM
[拡大画像]

そして「子供の頃人見知りだった私に母が『ねえムーミン、こっち向いて…』というフレーズを借りて、私の名前でこの歌を口ずさむ事がありました」と幼少期の記憶を蘇らせる。「それがとても好きだったし、大切な思い出です」と明かすと「夢や希望だけでなく現実的なテーマにユーモアをちりばめたムーミンの世界観の魅力をお子さんは勿論、歳を重ねた方々にも、お届けできるように、私自身も楽しみながらムーミンを演じたいと思います」とコメントを寄せている。

ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は、木の葉が舞い落ちる秋を迎えたムーミン谷が舞台。スナフキンとともに冬を満喫しようと考えていたムーミンは、まもなくやってくる“クリスマス”の存在を知り、不思議な冬の魔法を目撃して、驚きの体験をする。12月2日から全国で公開。

(映画.com速報)
劇場版ムーミン パペット・アニメーション~ムーミン谷の夏まつり~[DVD] 劇場版ムーミン パペット・アニメーション~ムーミン谷の夏まつり~[DVD] 最安価格: ¥3,553 原作者トーベ・ヤンソンも愛した『ムーミン パペット・アニメーション』が、最新技術によるクリアで美しい映像と、再編集したストーリーとともにリニューアル!
劇場版 ムーミン谷の彗星 パペットアニメーション 通常版[DVD] 劇場版 ムーミン谷の彗星 パペットアニメーション 通常版[DVD] 最安価格: ¥2,923 カンヌ映画祭で上映され、幻の名作と言われている作品がついに日本に登場。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi