飯豊まりえ、佐藤浩市主演「石つぶて」に出演!刑事役に初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月20日 > 飯豊まりえ、佐藤浩市主演「石つぶて」に出演!刑事役に初挑戦
メニュー

飯豊まりえ、佐藤浩市主演「石つぶて」に出演!刑事役に初挑戦

2017年9月20日 08:00

ヒロインを演じる飯豊まりえ

ヒロインを演じる飯豊まりえ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 飯豊まりえが、佐藤浩市江口洋介が初共演を果たすWOWOWの連続ドラマW「石つぶて 外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち」にヒロインとして出演することが決定。飯豊が演じるのは、捜査二課に所属する巡査長・矢倉かすみ。キャリア初となる刑事役への挑戦について「刑事さんならではの“縦社会”や“礼儀”といった立ち居振る舞いもまだまだ手探り状態ですが、これまでに演じたことのない新鮮なキャラクターなので、私の新たな一面をお見せできると思います」と意気込みを明かしている。

ノンフィクション作家・清武英利氏の著書「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」を原作とする本作は、2001年に発覚した「外務省機密費詐取事件」を題材にした社会派作品。警視庁捜査二課に所属する刑事・木崎睦人(佐藤)や情報係係長・斎見晃明(江口)らが、組織に抗いながらこの事件を掘り起こし、“三悪人”と呼ばれた外務省役人たちによる衝撃的な悪事を暴きだす。

飯豊が演じる矢倉は、右も左もわからないまま、所轄署から捜査二課に抜てきされた駆け出しの巡査長。前代未聞の外務所金融事件の摘発に奔走するものの、なかなか周囲から認めてもらえなかった矢倉は、そのひたむきさで木崎の懐へと入り込み、捜査に進展をもたらしていく。「(矢倉は)芯がしっかりしていて、地道に頑張る女性」と説明した飯豊は「そんな一所懸命の彼女を頑張って演じたいと思いながらも、シャツの襟を立てて、ボタンをあけて、という“ブルゾンちえみ”さんのような大人の女性スタイルには慣れそうになくて(苦笑)。高校でも第一ボタンまでしっかり閉めていたので、『ボタンをひとつしめさせてください』ってお願いしちゃいました(笑)」とユニークなエピソードを披露した。

そして「私が生まれたのが1988年だったんですけど、その翌年にはこの事件が起きていたというのがとても衝撃的で・・・・・・」と驚きを隠せない様子の飯豊。「私と同世代の皆さんにはこの事実を知らない人が多いと思います。佐藤さん、江口さんと同様に『この話をひとりでも多くの皆さんに知ってもらいたい!』という気持ちでドラマを撮影していますので、ぜひ最後まで“事件の真相”をお見逃しなく!」とコメントを寄せている。

連続ドラマW「石つぶて 外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち」は、11月5日からWOWOWで毎週日曜午後10時放送。全8話。第1話は無料。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi