「幼な子われらに生まれ」三島監督、モントリオール審査員特別賞に喜び爆発!次回作の構想も明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月12日 > 「幼な子われらに生まれ」三島監督、モントリオール審査員特別賞に喜び爆発!次回作の構想も明かす
メニュー

「幼な子われらに生まれ」三島監督、モントリオール審査員特別賞に喜び爆発!次回作の構想も明かす

2017年9月12日 17:00

この日初めてトロフィーを受け取った「幼な子われらに生まれ」

この日初めてトロフィーを受け取った
[拡大画像]

[映画.com ニュース]カナダで行われていた第41回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門で審査員特別賞を受賞した「幼な子われらに生まれ」(公開中)の“凱旋”舞台挨拶が9月11日に東京・テアトル新宿で行われ、三島有紀子監督が出席。「すごくうれしいです。誰も現地入りできなかったので、今日この場で授賞式を開いていただいた気持ち」とこの日、初めて受け取ったトロフィーを、まるでわが子のように愛でていた。

原作は直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説。中年サラリーマンの信(浅野忠信)と妻の奈苗(田中麗奈)はバツイチ同士で再婚し、奈苗の連れ子である2人の娘と共に暮らしていたが、奈苗の妊娠を機に、長女が「本当のパパ」に会いたいと言い始める。

今回の受賞について、三島監督は「想像もしていなかった。青天のへきれき」と振り返る。それでも「ステップファミリーという特別な家族を描きながら、普遍的な家族の話であり、人間同士のコミュニケーションを描いている点を受け取ってもらえたのかなと思う」と分析し、「今回の映画祭で、最も動員が多かったと聞いて、それが1番うれしいですね。(日本も含めて)本当にたくさんの方々に、映画を育てていただいている」と喜びをかみしめていた。

また、「親愛なる異質な人へ」を意味する英題「DEAR ETRANGER」については、「人生はいろんな異質な人と出会い、いろんな化学反応を生みながら、死んでいくものなので」と思いを熱弁。現在は次回作を準備中だといい、「北海道の開拓村で生きている女性を、力強く描きたいと思います」と意欲を燃やしていた。

モントリオール世界映画祭は、トロント国際映画祭と並ぶ北米最大規模の映画祭。日本映画とも縁が深く、近年では、14年に「ふしぎな岬の物語」、11年に「わが母の記」が審査員特別賞を受賞している。

(映画.com速報)
ふしぎな岬の物語[Blu-ray/ブルーレイ] ふしぎな岬の物語[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,078 実在する喫茶店をベースに綴られた小説「虹の岬の喫茶店」を、吉永小百合主演で完全映画化。
わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、豪華キャストで描く親子の絆の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi