幼な子われらに生まれ
ホーム > 作品情報 > 映画「幼な子われらに生まれ」
メニュー

幼な子われらに生まれ

劇場公開日

解説

直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信、田中麗奈主演で映画化したヒューマンドラマ。中年サラリーマンの信と妻の奈苗はバツイチ同士で再婚し、奈苗の連れ子である2人の娘とともに幸せに暮らしていた。奈苗の妊娠が発覚し、長女が「本当のパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親である沢田とはDVが原因で離婚していたため、信と奈苗は長女が沢田と会うことに反対するが、長女は父親としての信の存在自体を辛辣な言葉で否定する。そんな長女を前妻との間に生まれた実の娘とつい比べてしまい、現在の家庭を維持することに疲弊した信は、新たに生まれる命の存在すらも否定したくなる心境になっていく。信役、奈苗役を浅野と田中が、奈苗の前夫役を宮藤官九郎、信の前妻役を寺島しのぶがそれぞれ演じる。監督は「幸せのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子。1996年の小説発表時から重松と映画化の約束を交わしていたという、荒井晴彦が脚本を担当した。

スタッフ

監督
原作
重松清
脚本
荒井晴彦
プロデューサー
森重晃
江守徹
製作
梅川治男
巖本博
小西啓介
小林栄太朗
三宅容介
山本正典
安達政孝
撮影
大塚亮
照明
宗賢次郎
美術
井上心平
衣装
馬場恭子
ヘアメイク
倉田明美
録音
浦田和治
編集
加藤ひとみ
音楽
田中拓人
助監督
工藤将亮
記録
吉田久美子
ラインプロデューサー
大日方教史
音楽プロデューサー
佐々木次彦

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 127分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

映画評論家がこぞって絶賛している日本映画がある──なぜ今、「“現代の”家族」を描いた本作が注目されているのか?
バツイチ同士の夫と妻、そして連れ子2人が、“本当の家族”になるまでを描く

浅野忠信、田中麗奈、寺島しのぶ、宮藤官九郎、4人の実力派俳優が見事なアンサンブルを披露するヒューマン・ドラマ「幼な子われらに生まれ」(8月26日公開)が、映画評論家を中心に話題を集めている。原作・重松清、脚本・荒井晴彦、そして監督を三...特集

インタビュー

閉鎖的な日本映画界をぶち壊す!浅野忠信を突き動かす“情熱”とスコセッシ監督に学んだ“教え”
インタビュー

浅野忠信と田中麗奈が“再婚夫婦”を演じた映画「幼な子われらに生まれ」が、8月26日に全国公開される。直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説を、「繕い裁つ人」「少女」の三島有紀子監督が実写化。主人公の“バツイチ”サラリーマン・信...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全56件)
  • 斜行エレベーターが下降するように物語が静かに重くなっていく 浅野忠信と田中麗奈のバツイチ同士の夫婦と妻側の連れ子が暮らすニュータウンと駅をつなぐ傾斜エレベーターが印象的。妻の妊娠という出来事は普通であれば祝福すべき慶事なのに、この映画ではむしろ何かの呪い... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年8月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/2
  • 現代家族の葛藤を描写 バツイチ同士の家族はもう珍しくないので、本作のような連れ子の問題はもはや十分社会性のあるテーマなのかも知れませんね。出演者皆さん良かったですが、特に父親(浅野忠信)はちょっとカッコよすぎた面はあ... ...続きを読む

    ホワイトベア ホワイトベアさん  2017年11月3日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 現実味のある作品 「理由は聞くくせに気持ちは聞かない」この言葉が強く印象に残った。現代ではよくあるような家庭事情を描いた作品で、静寂の中に現実味がありスクリーンに引き込まれた。父と母と娘それぞれの立場で気持ちが絶... ...続きを読む

    隣組 隣組さん  2017年10月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「幼な子われらに生まれ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi