浅田舞、初挑戦舞台でフィギュア仕込みの殺陣披露「だいぶシェイプアップできた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月24日 > 浅田舞、初挑戦舞台でフィギュア仕込みの殺陣披露「だいぶシェイプアップできた」
メニュー

浅田舞、初挑戦舞台でフィギュア仕込みの殺陣披露「だいぶシェイプアップできた」

2017年8月24日 16:57

「月刊コミックガーデン」などで連載中の人気漫画を舞台化

「月刊コミックガーデン」などで連載中の人気漫画を舞台化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「月刊コミックガーデン」などで連載中の人気漫画を舞台化した「煉獄に笑う」が8月24日、東京・池袋のサンシャイン劇場で開幕。初日公演を前に、ゲネプロ(通し稽古)が公開された。

戦国の世に、絶大な力を持つ「大蛇(おろち)」を探し求める石田佐吉(三成)を軸とした壮絶な戦いが繰り広げられるアクション活劇。佐吉役で主演の鈴木拡樹は、「約1カ月、1日10時間の稽古で汗をかき続けると、何を目的に旅に出ているのか分からなくなることもあったけれど、舞台で通してやるとあらためて新鮮な気持ちになった。お客さんの反応が楽しみでしようがない」と手応え十分の様子だ。

佐吉と行動を共にする遊女・芦屋弓月役で、元フィギュアスケート選手のタレント・浅田舞が舞台に初挑戦。「何もかもが初めてからのスタートでしたが、キャストの皆さんが優しくていろいろと教えてくれるので、皆に支えられて楽しくやれています」と充実した笑みを浮かべた。

腹や背中の出たセクシーな衣装で、フィギュア仕込みの華麗な殺陣も披露しており「ずっと有酸素運動をしているよう。だいぶシェイプアップできたんじゃないかな。腹筋、出ています? 良かったです」と満足げ。妹の真央さんは、「今日は来ていませんが、多分、見に来てくれると思う」と期待した。

鈴木も、浅田の演技を絶賛。「堂々とされていて、回転がきれいなので『これが、か』と思ってしまう。役者とは違うアプローチで、さすが表現者だと思いますね」と称えていた。

ほかに崎山つばさ前島亜美中村誠治郎、吉野圭吾らが出演。「煉獄に笑う」の東京公演は9月3日まで行われる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi