「夢アド」荻野可鈴、志田友美の“変顔”をいじり倒す「これアイドルかよ?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月19日 > 「夢アド」荻野可鈴、志田友美の“変顔”をいじり倒す「これアイドルかよ?」
メニュー

「夢アド」荻野可鈴、志田友美の“変顔”をいじり倒す「これアイドルかよ?」

2017年8月19日 18:00

「夏のホラー秘宝まつり2017」開幕!

「夏のホラー秘宝まつり2017」開幕!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルグループ「夢みるアドレセンス」のメンバーらが主演を務めるオムニバスホラー「『超』怖い話2」が8月19日、東京・キネカ大森で開催中の「夏のホラー秘宝まつり2017」内で公開され、メンバーの荻野可鈴志田友美京佳小林れい、メガホンをとった千葉誠治監督が初日舞台挨拶に出席した。

ホラー作家・平山夢明氏による実録怪談集「『超』怖い話」の映画化第2弾。そのうちのエピソード「殲滅」に主演した荻野は、「軋み」主演・志田の“変顔”に言及する。「最後のほう、友美と私は『これ、アイドルかよ?』という顔をしています。友美の顔を見ながら泣かなきゃいけない私の気持ち! 笑わせに来てたよ、絶対」と大笑いすると、志田も「お互い一緒に、真剣に演技をしたことがないから、本当に笑えてしまった」と振り返った。

さらに荻野は「友美が、現場で監督から『もうちょっと左目、上向いて』みたいに顔の指示をされていた(笑)」と畳み掛け、「あの顔を見て、本当に友美って女優だなと思った。『しろ』と言われても、できない人いますから!」と脱帽しきりだ。これには志田も「監督と“変顔勝負”みたいになっていて、私、何してるんだろうと思った(笑)」と明かし、「ひどい顔ばかりさせられましたね」と千葉監督に視線を向けていた。

「撮影」でグラビアアイドル役に扮した京佳は、「人生で一番、血(のり)を浴びた」と語る。「コンタクトレンズを外したら真っ赤だったし、2~3日は体の血がとれなかった」と述べると、千葉監督は「(血のりを浴び続けると)息もできないし、危ないんですよね。根性がないと出来ない」と称賛し、荻野も「若い京佳で良かった。私たちだったら死んでいる」と目を丸くした。苦労は多かったが、京佳は「もともとホラーが大好きなので、撮影現場は『裏側はこうなっているんだ』と楽しくて、あっという間でした」と健気な笑顔を見せていた。

小林は映画に出演していないが、“ホラー映画ソムリエ”を自称して登場し、各エピソードの感想を寄せた。そんな姿に、荻野は「次の作品では、れいにお化け役をやってもらいたい! 監督、れいは立ちブリッジしながら歩けるんです!」と売り込みをかけ、千葉監督は「追いかけてくるんだ! それ良いね、怖いね。最初は主役だけど乗り移られる、という感じがいいね」と大喜びだった。

なお「夏のホラー秘宝まつり2017」は、キングレコードが独自のラインナップを展開するホラーレーベル「ホラー秘宝」主催の映画祭。キネカ大森で9月1日まで開催されている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi